文字サイズ

第205回 渡辺徹さん

第205回 渡辺徹さん

住  吉
ここからは、渡辺徹さんの健康や元気の秘密を伺います。まずはリスナーからの健康の秘密をご紹介します。

「一日一回、深呼吸」
住  吉
大事ですね。ちょっと息が浅くなったりしますからね。
徹さんは、食事や生活習慣など、体のために気をつけていることはありますか?
渡  辺
気をつけていることと言いますか、取り立てて言うようなことでもないんですけど…バランスよく食事をとるということと、かなり野菜の量が多くなりました。これはうちの奥さんの榊原郁恵が、家庭菜園やちょっと離れたところに農園を持っていたりして、かなり農作物を持ち帰るんです。
住  吉
すごい! それだけ実らせることができるというのは素晴らしいですね。
渡  辺
それは大変なことだと思うんですけども…季節のものは似かようじゃないですか。大根が旬な時は大根が多かったり、白菜の時は白菜が多かったり…それをどっさり持ち帰ってきて、手を替え品を替え…。食べる時にじっと俺の表情を見てくるので、全部「美味しいよ」と言わなければいけないという…それでカロリーを使って痩せているかもしれないです(笑)。
住  吉
ははは(笑)。でもとりたての野菜がたくさん召し上がれるというのは、すごくありがたいことですね。
渡  辺
それはありがたいですね。
住  吉
では、家族のおかげで自然に健康を保てているのでしょうか。
渡  辺
自分ではなかなか考えて食べられませんけど…でも、自分の中でもそろそろ自覚が生まれてきて、1日1回はお魚を食べようとか。前は肉一辺倒、肉、マヨネーズ、肉…という生活だったんですけど…。最近では、野菜サラダを食べてから何かを食べる、ということを無意識にやり始めましたね。
住  吉
運動系はどうですか?
渡  辺
運動系は、こう見えてやり過ぎてしまうタイプなんです。「今回はやるぞ」と一気に3つのジムに入ってしまったことがあって。
住  吉
えぇー! 3つ!?
渡  辺
同時に3つなんか行けやしないんですよね。ただ、仕事場の近くのジム、自宅の近くのジム、行き帰りにあるジム、と入ってしまう。それで、入っただけで満足してしまって、ほとんど行っていない、と。 そうではなくて、自分のできることをやればいいということで、散歩を中心にしました。自分の時間のペースに合わせて。あんまり意気込むものは長く続かないですね。
住  吉
では今も時間を見つけて散歩されているのですか?
渡  辺
天候やスケジュールにもよりますけども、基本は。そのためにわんちゃんを飼いました。
住  吉
なるほど。一緒に出かけてくれる相棒を。
渡  辺
相棒がいると、「サボろうかな…」と思っても、つぶらな目で「行こうよ!」と言われると行きたくなりますからね。
住  吉
素敵です。そういう意味でも、郁恵さんや相棒のわんちゃんのおかげでヘルシーなのかなという感じがしました。
健康をチェックする機会、健康診断には行かれていますか?
渡  辺
今から丸9年前になりますかね、一度大きな病気をしまして、虚血性心疾患という病気でした。それで心臓にステントを入れて。それまでも何度も家族から心配されていたんですけど、「大丈夫だよ」と言っていたのが、そういうことになって家族に迷惑をかけたので、そこからは定期的に、1ヶ月に1回は検査すると決めています。調子が良いと行きたくなくなるんですよね。だから、それを決めてやっています。
住  吉
素晴らしいですね。
それでは最後に「健康の秘密」を教えてください。
渡  辺
健康の秘密は、“普段着です”ということだと思うんです。例えばダイエットも、色々なダイエット法をやって、相当効いたんです。バナナしか食べないとか、わかめしか食べないとか。そうすると、どんなやり方でも効果が出たんですが、すぐリバウンドするんです。運動も、激しめのジムに行ったりするんだけど、長続きしなくてすぐに辞めてしまう。そうではなく逆転の発想で、長くできるものをチョイスしてやる、というのが一番大事だなと思っています。
だから、健康の秘訣は“継続できるもの”ということなのではないですかね。
住  吉
渡辺徹さんが出演するミュージカル『アリージャンス~忠誠~』について、詳しくは作品のオフィシャルサイトをチェックしてみてください。渡辺徹さん、ありがとうございました!
ここで、働くあなたの健康をサポートする協会けんぽからのお知らせです。来月4月に、協会けんぽに加入している皆さんのお勤め先へ生活習慣病予防健診のご案内をお送りします。来年3月までの期間内のうち、お一人様一回に限り、協会けんぽが健診費用の一部を補助します。年に一度は健康チェック。まずは、健診機関を確認して、受診の予約をお願いします。詳しくは「協会けんぽ」で検索してください。
3月11日(木)のゲストは、医師の森田豊さんです。次回もどうぞお楽しみに!