文字サイズ

第219回 花*花さん

第219回 花*花さん

住  吉
ここからは、お二人の健康・元気の秘密も伺っていきます。まずはリスナーの方から届いたメッセージをご紹介します。

「私の健康の秘訣は、アロマです! リラックスできるアロマを活用し、健康管理しています~」
住  吉
素敵ですね。お二人にも健康・元気の秘密を伺いたいのですが、おのさんは、健康のために気をつけていらっしゃることは何かありますか?
お  の
アロマのようなおしゃれなことではないんですが……冷やさない!
住  吉
大事です!
お  の
今から夏に向かっていくぞというタイミングで、つい先日、腹巻とレッグウォーマーを買いました。
住  吉
素晴らしい。夏仕様のものですか?
お  の
そうですね。スタジオが結構冷えているので、いつも足首が冷え切ってしまうんです。それがいつもつらいので、ついにレッグウォーマーを導入して、今年の夏は冷やさないようにしたいと思います。
住  吉
今までは大丈夫だったんですか?
お  の
いえ…買おう買おうと思っていて、何となく冷えたまま過ごしていたんですけど…もう45歳なので、今年こそはと。いつも忘れてしまうので、今年は夏になる前に買いました。
住  吉
意外に夏の方が、クーラーが強かったりして冷えるんですよね。
お  の
そうなんです。だからいつも長袖の羽織ものを1枚持って過ごしていたんですけど、足が冷えてしまうので…。
住  吉
大事ですね。こじまさんはいかがでしょうか?
こ じ ま
ベランダで、去年ぐらいから本格的にベランダ菜園をしています。バジル、フェンネル、シソ、パクチーなど…おうちでサラダにするものや薬味を、だいたい一通りは自分で採って自分で食べられるようにしていて。自分の口に入るものをなるべく自分で作るか、近くにある京都の地野菜などを取り入れるように最近はしています。
住  吉
京野菜がまた美味しいですしね。それこそ旅のできない今、身近なものが美味しいのはうらやましいですね。
ベランダ菜園も、食べて無くならないくらいたくさん育てているんですか?
こ じ ま
特にこれからの季節は、パクチーとかはどんどん採らないと、じゃんじゃん生えてくるので、友達に分けたりもしています。
住  吉
いいですね。私もベランダ植物園が楽しくて、食べたりもいいんですが、手入れしている時に癒されて健康になっている感じもあって。
こ じ ま
そうですね、わかります。土に肥料をまいて仕込んでいる時とか、1日中ベランダでしゃがんでいるので、健康なのか不健康なのかよくわからないんですけど(笑)。でもすごく癒されますね。
住  吉
素敵ですね。こじまさんは、音楽療法士としても活動されていたんですよね。
こ じ ま
はい。小さいお子さんや障害を持っている方に、親子ライブをしたり、介護老人保健施設で高齢者の方に向けてコンサートをしたりもしていました。でも、花*花の活動の中で、自分たちが知らない間にやっていたことが音楽療法に繋がっていたというか、音楽そのものに癒す力がありますけど、その力が何であるかを改めて勉強してわかりました。
住  吉
花*花で普段やっていたことがよかったというのは、例えばどんなことですか?
こ じ ま
特に歌詞の力だったり、取り入れるサウンド一つで、例えば今回もアルバムの中に入れたんですけど、足踏みオルガンの音って、聴くと記憶が蘇ってくるんです。そこから連想する、小学校の頃聴いたような懐かしい音や、大好きな人と聴いた歌などが、脳みそのどこかに記憶として、匂いや味と一緒にしっかり残るんですよね。それを効果的に使うというのが活きてきているのではないかなと思います。
住  吉
なるほど。音楽も植物もあって、こじまさんの周りは癒されるものに溢れていますね。
お二人は、健康と向き合う機会、健康診断には行っていますか?
お  の
二人とも人間ドックに毎年行っています。
住  吉
それでは最後に、花*花の健康の秘密を教えてください。
こ じ ま
花*花の健康の秘密は“音楽”です。特にライブかな。
住  吉
今、ライブは今までのようなペースや規模ではできなかったり、思い通りにできない分、「あの時よかったな…」というものがきっとおありですよね。
こ じ ま
そうですね。今年はお会いできたらいいなと思っています。
住  吉
7月に大阪でリリースライブが予定されているということで、詳しい情報はオフィシャルサイトでぜひチェックしてください。花*花のお二人、ありがとうございました!
ここで、あなたの健康をサポートする協会けんぽ東京支部からのお知らせです。新型コロナウイルスの感染を警戒して、必要な健診や受診まで控えていませんか? 行きすぎた受診控えは、健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。コロナ禍でも、健診や持病の治療、お子様の予防接種などの健康管理は大切です。医療機関や健診会場では、換気や消毒で、しっかりとした感染予防対策を実施しています。健康に不安がある場合は、まず、かかりつけ医に相談しましょう。
次回もどうぞお楽しみに!