コラム 「健診で血糖値が高め」と出たら

血糖って、何?

定期健診などで、「血糖値が基準値より高め」の結果が出ていませんか? 症状がないから大丈夫、と放っておくと、取り返しのつかない状況に陥ります。今回は、油断しがちな血糖値についてご紹介します。

 

血糖とは、血液中のブドウ糖のことをさします。食事によって体内に取り入れられた糖質は胃で消化され、小腸で分解されてブドウ糖になり、血液内を通って筋肉や脂肪の細胞内に取り込まれ、私たちの体のエネルギーになります。このとき、血液内のブドウ糖を細胞内に取り込みやすくする働きをするのが、膵臓から分泌されるホルモンの一種であるインスリンです。生活習慣の悪化などでインスリンの分泌量が不足したり、働きが悪くなると、血液は血糖の多い状態になります。これを高血糖といい、この状態が持続すると糖尿病になります。

「空腹時血糖」または「ヘモグロビンA1c」を測定

血糖値の検査には、主に「空腹時血糖」か「ヘモグロビンA1c(エー・ワン・シー)」が行われます。血糖値は就寝時に低下し、朝食を食べるまで低い状態が続くので、その状態に合わせて朝に測定するのが、空腹時血糖です。一方、ヘモグロビンA1cは、血液中のブドウ糖がヘモグロビンと結合してできる化合物で、過去2ヵ月程度の生活習慣を反映した血糖状態を測定することができます。

 

厚生労働省は、特定健診および特定保健指導において、血糖値については空腹時血糖は100mg/dl以上、ヘモグロビンA1cは5.6%以上(国際標準のNGSP値)を、メタボリックシンドローム該当者および予備軍の判定基準としています。また、日本糖尿病学会では、空腹時血糖は126mg/dl以上、ヘモグロビンA1cは6.5%以上(NGSP値)を糖尿病の診断基準にしています。

 

糖尿病は、初期の段階では自覚症状がありません。しかし、重症化するとさまざまな合併症を引き起こし深刻な病状になることもあります。健診を怠らずに受け、血糖値が高めという結果が出たら、1日も早く治療や生活習慣の改善を始めましょう。