コラム ピロリ菌除菌で胃の健康を守ろう

ピロリ菌ってどんな菌?

ピロリ菌は、胃の中に生息している菌で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの病気の原因になります。ほとんどの場合が、飲食による経口感染。幼少時に感染し、除菌しない限り胃の中に棲み続けます。衛生環境が十分に整っていないところでは菌が繁殖しやすく、日本では、戦後に生まれ育った50代以上の80%が感染しているといわれています。

 

本来胃の中は強い酸性に保たれているので、細菌が棲める環境ではありません。しかし、ピロリ菌は胃酸に耐えて生きていくために、酵素「ウレアーゼ」を吐き出し、胃粘液の成分である尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解します。アンモニアはアルカリ性なので、周囲をアルカリ性の環境に保ち、胃酸と中和させることで、身を守っているのです。このウレアーゼを含めた毒素が、胃粘膜の障害をもたらします。

重い病気になる前に発見を

ピロリ菌は、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどの発症リスクを高めることがわかっており、ピロリ菌検査を受けることは有意義です。

 

検査には大きく分けて内視鏡(胃カメラ)を使った方法と、内視鏡を使わない方法があります。内視鏡検査は、胃内を直接観察して調べると同時に、胃粘膜細胞を採取して検査します。一方、内視鏡を使用しない検査では、呼気を採取して調べたり、検便などが行われます。

慢性胃炎のピロリ菌除菌が保険適用に

検査でピロリ菌陽性となった場合は、定期的な胃の検査を受け、胃がんの早期発見に努めることが大切です。ピロリ菌を除去する治療もあります。これまでは胃・十二指腸潰瘍や胃がんなどの病気がなければ、ピロリ菌除去は健康保険の適用外でした。しかし、2013年2月に慢性胃炎にも、保険適用が拡大されたことで、胃・十二指腸潰瘍や胃がんなどの予防が期待できます。

 

ピロリ菌除菌は、胃酸の分泌を強力に抑える薬と2種の抗菌薬を、1日2回7日間服用します。途中で服用をやめてしまうとピロリ菌が薬に対して耐性を持ってしまうので、医師の指示に従いましょう。