コラム 口まわりの疾患 何科へ行けばいいの?

見た目や印象を左右する口元

ほうれい線や口角、顎のラインや口腔(口の中)などの口まわりは、その人の印象を決めるうえで、重要なポイントとなります。

それだけに、健康で美しい口まわりは常に維持したいもの。この領域の疾患は、食事や発音などの機能的な障害だけでなく、審美的な障害も生じます。そうしたトラブルの治療には、歯科だけでなく、「口腔外科」があることをご存知ですか。口腔外科は、歯、口腔、顎、顔面、リンパ節、頸部の疾患を扱う診療科です。

こんなときは口腔外科へ

歯科と口腔外科では、対象とする治療内容が異なります。歯科では主に虫歯や歯周病の予防や治療を行います。一方、口腔外科では、親しらずの抜歯やインプラント義歯から、歯ぐきや顔、顎の炎症、顎関節症、味覚障害、顔面神経痛、口臭症、顎変形症、歯の欠損症の治療まで、口まわりのあらゆる疾患を扱います。また、舌がんや歯肉がん、口底がんなどのがんの治療も、口腔外科で行っています。

歯科と口腔外科の分野は非常に密接しているため、「歯科口腔外科」として両方を兼ねている医療機関も少なくありません。また、総合病院や大学病院などの口腔外科では、歯科医院からの紹介状がなければ受診できないところもあります。かかりつけの歯科医院がある場合は、まずは担当の歯科医に相談してみましょう。