協会けんぽ 健康サポート PCサイト

今月の+10(プラス・テン)

1月1日配信 連載10回
年末年始に増えた脂肪は、「ちょい足しウオーク」で燃焼しよう

1

忘年会やクリスマス、お正月などにおいしいものを食べ過ぎて、体が重く感じていませんか。新年から早速、「10分多く」体を動かす「+10(プラス・テン)」を始めましょう。普段の歩きに少しポイントを加えることで、運動強度がアップし内臓脂肪減少効果も見込める「ちょい足しウオーク」がおすすめです。

【監修】 宮地元彦 先生 国立健康・栄養研究所 健康増進研究部部長

「歩き」の中で、普段あまり使わない筋肉に負荷をかけよう

一般の人であれば年齢性別問わず、毎日合計5000歩以上、時間にして30分以上は歩いているものです。とはいえ、ほとんどの人が移動手段として無意識に行っているだけで、安静時の3倍程度のエネルギー消費量しか使っていません。

しかし、逆に言えば少しの工夫で、その30分以上の時間を運動時間に変えることができるのです。

「ちょい足しウオーク」は、普段あまり使うことのない体の中心部(腹背部、骨盤、股関節周辺部)の筋肉を意識した動きを「歩き」に加えるもの。エネルギー消費量が高まるだけでなく、代謝が促進され、内臓脂肪減少にも役立ちます。

忙しい人、運動する時間がとれない人に特におすすめです。1日1~数回、短時間からでも構わないので、ぜひ取り入れてみてください。

「ちょい足しウオーク」でスタイルも歩き方も美しく!

次の5つのポイントを実行するだけで、普通に歩くよりも3割程度、エネルギー消費量が増えます。また、骨盤や股関節周辺の筋肉の代謝、腸の代謝も促進されるので、美脚効果・お腹のひきしめ効果も期待できます。

いつでもどこでも行うことができ、歩き方も美しくなります。背筋よく軽やかに、ファッションショーのモデルのような歩き方をイメージするとよいでしょう。


1月の「+10(プラス・テン)」