協会けんぽ 健康サポート PCサイト

2012/05/18
揚げたアスパラはほっこりした口あたり
アスパラガスといかのかき揚げ

料理作成:浜内千波 先生:料理研究家、栄養士

材料 4人分

1人あたり

エネルギー・・・157kcal
塩分・・・0.6g

作り方

1 いかは自然解凍して1.5cm幅×4cm長さくらいに切り、片栗粉を振ってよくもみ(汚れやくさみを取るため)、水洗いして水けをふき取る。
2 アスパラガスは硬い部分の皮をむいて4~5cm長さに切り、紅しょうがはみじん切りにする。
3 ボウルに衣の材料を入れて混ぜ、[1]のいかに小麦粉を薄くまぶして加え、[2]、ピーナッツも加えてざっくり混ぜる。
4 揚げ油を中温に熱し、[3]をスプーンで落としてカリッと揚げる。

栄養メモ

アスパラガスに豊富なアスパラギン酸は、疲労回復や肩こり改善に効果があります。穂先に含まれるルチンは毛細血管を丈夫にして血行をよくし、高血圧や冷え性の改善に効果的。下ゆでをしないでじかに調理すると、ビタミンCの損失が防げます。いかは低エネルギー、高たんぱく、低脂質で、タウリンやDHAなど生活習慣病予防に効果的な成分を多く含んでいます。