文字サイズ

1日のお酒の適量は、缶ビールや缶チューハイなら何本?

1日のお酒の適量は、缶ビールや缶チューハイなら何本?

【こたえ】
厚生労働省が適量としている1日平均の純アルコール量20gで換算すると、男性ではアルコール度数5%程度の缶ビール・缶チューハイなら500mLのロング缶1本です。女性は男性より体が小さいので、この3分の2から半分が適量。度数が高くなるほど飲める量は少なくなります。適量に抑えるためには飲み方を工夫することが必要です。

自粛暮らしが酒量を増やす!?

新型コロナウイルスの影響は思わぬところにも現れています。外出自粛や在宅勤務の長期化で飲酒量が増えてしまった人が少なくないようで、アルコール依存を懸念する声が高まっています。

テレワークになってオンとオフの区別があいまいになり、早い時間から缶ビールを開けてしまうとか、出かけられない・友人らと会えないストレスや、仕事面・経済面での不安から、酒量が増えてしまうことがあるようです。“オンライン飲み会”も盛んになっていますが、自宅で飲む気楽さは酒量を増やすことになりかねません。最近の自分の飲み方を振り返ってみましょう。

ストロング系缶チューハイは要注意

アルコール依存症以外にも、お酒の飲み過ぎがリスクを高める病気は少なくありません。各種のがんをはじめ、脂肪肝・肝炎・肝硬変など肝臓の病気、高血圧・心臓病・脳卒中など心血管系の病気、急性膵炎や糖尿病、うつ病や認知症などとの関連も指摘されています。

それらを予防するための適量として、厚生労働省が示している「1日平均の純アルコール量20g」*は、お酒の量(mL)×(アルコール度数(%)÷100)×0.8で算出できます。女性の場合、一般的に体格が男性より小柄でアルコール代謝能力が男性の4分の3程度しかないので、純アルコール量は1日平均10g程度に抑えることが望ましいとされています。

下のグラフに、お酒の一般的な度数と、度数ごとの適量をまとめました。近年、「ストロング系」のビールやチューハイが増えていますが、9%を超えると350mLでは適量を超えてしまうのがわかります。また、ワインは男性でグラス2杯(240mL)、日本酒なら1合程度となります。

●アルコール度数ごとの適量

荒木 葉子 先生

監修者 荒木 葉子 先生 (産業医・内科医 荒木労働衛生コンサルタント事務所所長)
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。