文字サイズ

健診ではわからない危険な脂質異常症がある?

健診ではわからない危険な脂質異常症がある?

【こたえ】
食後に血液中の中性脂肪が異常に増え、なかなか下がらない状態を食後高脂血症といいます。空腹時の採血で調べる通常の健診ではわかりません。メタボリックシンドローム(以下メタボ)や糖尿病の人に多く、自覚症状がないまま動脈硬化が進んでしまいます。脂っこい食事や糖質の多い食事、アルコールを控え、有酸素運動を定期的に行うことが、食後高脂血症の予防・解消には有効です。

栄養の摂りすぎや偏り、アルコール、運動不足などが重なるのが主な要因

脂肪の代謝は複雑です。脂肪は水に溶けませんので、酵素で分解されたり、アポたんぱく質というたんぱく質と一緒になって親水性(水に溶ける性質)のリポたんぱく質になり、リンパ管や血管を通って、肝臓、筋肉、脂肪組織などに運ばれ、利用されます。リポたんぱく質の中には、HDL(高比重リポたんぱく質:コレストテロールが多い)、LDL(低比重リポたんぱく質:中性脂肪が多い)、VLDL(超低比重リポたんぱく質:中性脂肪がとても多い)などがあります。肝臓は、脂肪組織から遊離脂肪酸を、静脈からリポたんぱく質を受け取って、脂質やリポたんぱく質を分解したり再合成して、全身の組織に送り込みます。筋肉や脂肪細胞は、こうした脂質を利用してエネルギーを作り出しますが、余ったものは組織にため込まれます。

中性脂肪は、グリセロールと3つの脂肪酸から成り立っています。脂肪酸の種類によって、飽和脂肪、一価不飽和脂肪(オリーブ油など)、多価不飽和脂肪(オメガ6脂肪酸:リノール酸やリノレン酸、オメガ3脂肪酸:EPAやDHAなど)、トランス不飽和脂肪などがあります。飽和脂肪酸は血中コレステロールやLDLコレステロール(以降LDL-C)を増やしますが、オメガ6脂肪酸はコレステロール、LDL-C、HDLコレステロール(以降HDL-C)を減らします。オメガ3は中性脂肪を減らしますが、LDL-CやHDL-Cにはほとんど影響を及ぼしません。つまり、脂っこい食事といっても、含まれる脂肪酸によってかなり血中脂質への影響は異なってきます。

また、糖質からも中性脂肪は作られます。果糖ぶどう糖液糖などと呼ばれる高フルクロース・コーン・シロップ(HFCS)は、フルクトースとグルコースのミックスですが、飲料水や加工食品に高頻度に使われています。フルクトースはグルコースよりも代謝が速いといわれており、血糖は上げずに中性脂肪は増加させる可能性があります。HFCSの消費の増加に伴って、肥満が増えてきたという報告もあります。

アルコールは、体内で分解処理するために糖代謝や脂質代謝に影響が及び、低血糖になったり、中性脂肪の合成が進んで血中の中性脂肪が増えたり、脂肪肝になったりします。

このように、肝臓、筋肉、脂肪細胞(あるいは他の組織も)は複雑に協調して吸収、分解、合成、運搬を行っています。栄養の摂りすぎや偏り、アルコール、運動不足、生活時間の乱れ(最近、時間栄養学も注目されています)、自律神経の乱れなどが重なると、食後高脂血症あるいは脂質異常症が起こってきます。

荒木 葉子 先生

監修者 荒木 葉子 先生 (産業医・内科医 荒木労働衛生コンサルタント事務所所長)
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。