文字サイズ

たかが高血圧。自覚症状がないなら大丈夫?

たかが高血圧。自覚症状がないなら大丈夫?

【こたえ】
自覚症状がほとんどないまま進行するのが、高血圧の恐ろしさです。動脈硬化を悪化させ、命を脅かす脳卒中や心筋梗塞のリスクを高めるため、“サイレントキラー(静かなる殺し屋)”と呼ばれることも。高血圧を決して侮ってはいけません。高血圧につながる生活習慣の改善に取り組むことが、対策の基本です。

日本には、高血圧の人が4,300万人も

日本には、高血圧の人が約4,300万人いると推計されています。そのうちおよそ1,850万人は治療を受けていないといわれ、その背景として、自覚症状がないため高血圧を軽くみているのではないか、という指摘があります。

高血圧の怖いところは、まさにこの自覚症状がほとんどないということ。治療もせずに放置している間に血管壁が傷ついて動脈硬化が進行し、やがて脳卒中や心筋梗塞など重大な病気を招くことにつながってしまいます。

定期健診や家庭での血圧測定が、気づきのチャンス

自覚症状がなくても、早めに見つけて対策を取ることが高血圧の進行を防ぐために重要です。その早期発見の機会として大切なのが、職場や地域で行われる定期健診や家庭での血圧測定です。自覚症状がないからこそ、血圧測定の機会を見逃すべきではないでしょう。

ところで、健診でも見つけにくい病態として「血圧サージ」が注目されています。“サージ”とは「急上昇」という意味で、普段の血圧はそれほど高くなくても、一時的に血圧が急上昇するケースです。それが頻繁に起きたり、日々続いたりすると、通常の高血圧よりも血管にダメージを与えることがわかってきたのです。そして、血圧サージにいち早く気づく手段の1つとして、家庭での血圧測定が重要視されています。朝・昼・夜など時間を変えて測ってみましょう。

高血圧か否かを見極める血圧分類は、2019年の「高血圧治療ガイドライン」(日本高血圧学会刊)で新しくなっています。高血圧の診断基準は、医療機関で測る場合は収縮期血圧(最大血圧)が140mmHg以上、または拡張期血圧(最小血圧)が90mmHg以上とされ、自宅で測る家庭血圧はそれよりも5mmHg低い値が基準となっています。ポイントはこれまで正常値の範囲とされていた「130~139mmHgかつ/または80~89mmHg」が「高値血圧」となったこと。これは、生活習慣の改善から取り組むことが勧められる数値とされました。

板倉 弘重 先生

監修者 板倉 弘重 先生 東京大学大学院医学研究科卒。同大学第三内科、国立健康・栄養研究所臨床栄養部長、ブラジル リオグランデヂス-ルカソリック大学客員教授、茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授等を経て現職。日本臨床栄養学会理事長、日本栄養改善学会理事、日本栄養・食糧学会副会長、日本動脈硬化学会評議員名誉会員、日本病態栄養学会理事、第33回日本動脈硬化学会総会会長などを歴任。