文字サイズ

HDLコレステロール値が低いのは、何が問題なの?

HDLコレステロール値が低いのは、何が問題なの?

【こたえ】
細胞膜やホルモンの原料となるコレステロールは、LDLという粒子に含まれて全身に運ばれます。LDLは増えすぎると血管壁の内側に入り込んでたまり、動脈硬化の原因になります。細胞の中で余ったコレステロールは、HDLという粒子によって回収され、肝臓に戻されます。しかし、回収役のHDLコレステロールが少ないと動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中など命にかかわる病気を招く原因となります。

「悪玉」「善玉」と呼ばれるコレステロール

悪者に思われがちなコレステロールですが、実は細胞膜やホルモン、脂肪の代謝を助ける胆汁酸などの原料となり、体になくてはならない脂質のひとつです。肝臓で作られ血液にのって全身に運ばれますが、脂質であるためそのままでは血液に溶けにくく、LDL(低比重リポたんぱく)という粒子に含まれて血液中を流れていきます。

しかし、脂質の多い食事や運動不足など不適切な生活習慣を続けていると、血液中のLDLが増えすぎてしまうことがあります。多すぎるLDLは酸化などで変性して、血管壁の内側に侵入し、動脈硬化を進行させる原因になるので「悪玉」と呼ばれています。

これに対して、使われずに細胞の中で余ってしまったコレステロールは、HDL(高比重リポたんぱく)という粒子によって回収され、肝臓に戻されます。こうした働きからHDLは「善玉」と呼ばれています。

「悪玉」、「善玉」というネーミングは、LDLとHDLという2つのリポたんぱくの働きの違いをわかりやすく言い表したものです。

LDLとHDLのバランスが大切

全身に運ばれていくLDLコレステロールと、余って回収されるHDLコレステロールは、両者がバランスよく存在していることが重要です。例えばLDLが正常値であっても、HDLが少なければ、回収しきれないコレステロールが血管内壁にたまり、動脈硬化を進行させます。その結果、心筋梗塞や脳卒中など命をおびやかす病気につながります。

HDLが少なくなる大きな要因は、肥満、喫煙、運動不足などです。少なくなったHDLを薬で増やすことはできません。今の生活習慣を見直し、HDLを減らす要因があればそれを改めることが最も大切です。

板倉 弘重 先生

監修者 板倉 弘重 先生 東京大学大学院医学研究科卒。同大学第三内科、国立健康・栄養研究所臨床栄養部長、ブラジル リオグランデヂス-ルカソリック大学客員教授、茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授等を経て現職。日本臨床栄養学会理事長、日本栄養改善学会理事、日本栄養・食糧学会副会長、日本動脈硬化学会評議員名誉会員、日本病態栄養学会理事、第33回日本動脈硬化学会総会会長などを歴任。