文字サイズ

やせていても油断は禁物! 脂質異常症

やせていても油断は禁物! 脂質異常症

脂質異常症とは、血液中に含まれる脂質の量が基準値から外れた状態のこと。脂肪のとり過ぎなどで太っている人に多い半面、やせているように見える人でも、内臓脂肪型肥満のような「隠れ肥満」であったり、遺伝的にLDLコレステロール値が異常に高くなったりすることがあります。動脈硬化の危険因子になるため、健診などで指摘されたときは、放置せずに早めに受診して医師の指導を受けることが大切です。

脂質の基準のうちに1つでも当てはまれば脂質異常症に該当

脂質異常症の診断には、LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)、トリグリセライド(中性脂肪)、総コレステロールからHDLコレステロールを引いたNon-HDLコレステロールについて血液中の量を調べます。コレステロールは細胞膜やホルモンなどの材料になり、中性脂肪は体を動かすエネルギー源となるなど、脂質はどれも体にとって必要なものですが、1つでも基準値から外れた異常な量になった場合、脂質異常症と診断されます。とりわけLDLコレステロール値は、動脈硬化への影響が非常に強いといわれています。

●脂質異常症の診断基準(空腹時採血)

・LDLコレステロール……140mg/dL以上(境界域120~139mg/dL
・HDLコレステロール……40mg/dL未満
・トリグリセライド(中性脂肪)……150mg/dL以上
・Non-HDLコレステロール……170mg/dL以上(境界域150~169mg/dL

※狭心症や心筋梗塞の危険因子が他にある場合は、境界域と呼び、注意が必要。
出典:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年度版(日本動脈硬化学会)

動脈硬化は、血管壁の内側にコレステロールなどがたまって血液の通り道が狭くなり、硬くもろくなってしまった状態です。これが心臓や脳の血管で起こると、心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわる病気の危険が高まります。
脂質異常症の全国の患者数は、推定で約220万5,000人、女性が男性の約2.4倍も多いというデータがあります

脂質異常症は太っている人ばかりに多いとは限らない

血液中の脂質が多いのは脂肪の多い食事を好むからで、そういう人は肥満になる――。こんな連想から脂質異常症は太っている人に多い、というイメージがあるかもしれません。しかし実際には、一見すると肥満体には見えない人にも脂質異常症は少なくないといわれます。それは内臓周辺に脂肪がたまっている内臓脂肪型肥満、いわゆる「隠れ肥満」の人です。

内臓脂肪が多い人ほど、体に有害なホルモンを大量に分泌することがわかっています。その結果、脂質異常だけでなく高血圧や高血糖をもたらし動脈硬化を進行させる、というのがメタボリックシンドローム(内臓脂肪型症候群)の考え方です。

もう1つ注意を要するのが「家族性高コレステロール血症」です。これは、遺伝的な要因によりLDLコレステロール値が異常に高くなる病気。胎児のときからLDLコレステロール値が高くなるため動脈硬化の進行が早く、20~30代のうちから狭心症や心筋梗塞を起こす人が出てきます。

この病気は、正しく診断されている割合が低いという報告があり、ほとんどの人が自分の病気に気づいていない恐れがあります。LDLコレステロール値が異常に高かったり(180mg/dL以上)、両親・祖父母・兄弟姉妹などに家族性高コレステロール血症の人がいて、若い年齢で狭心症や心筋梗塞を起こした人がいる場合は、内分泌・代謝内科や循環器内科などを受診しましょう。

板倉 弘重 先生

監修者 板倉 弘重 先生 東京大学大学院医学研究科卒。同大学第三内科、国立健康・栄養研究所臨床栄養部長、ブラジル リオグランデヂス-ルカソリック大学客員教授、茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授等を経て現職。日本臨床栄養学会理事長、日本栄養改善学会理事、日本栄養・食糧学会副会長、日本動脈硬化学会評議員名誉会員、日本病態栄養学会理事、第33回日本動脈硬化学会総会会長などを歴任。