文字サイズ

「職場のメンタルヘルス対策を強化するうえで、大切なポイントを教えてください」

「職場のメンタルヘルス対策を強化するうえで、大切なポイントを教えてください」

Q.従業員50人未満の会社の経営者です。これからメンタルヘルス対策を強化したいと考えているので、重要なポイントを教えてください。

A.事業所のメンタルヘルスケアでは、「一次予防」「二次予防」「三次予防」の3つを円滑に行うことと、そのための4つのケアを効果的に推進することが必要です。基本的事項を理解しておきましょう。

メンタルヘルスの不調の未然防止・早期発見に努め、不調者に対しては職場復帰の支援を

労働者数50人未満の事業所においては、ストレスチェック制度は努力義務であり、実施していないところも多いでしょう。しかし、事業所の規模にかかわらず、事業場におけるメンタルヘルスケアを積極的に推進するよう努めましょう。

厚生労働省では、労働安全衛生法に基づき、事業場において労働者のメンタルヘルスケアが適切かつ有効に実施されるよう、「労働者の心の健康の保持増進のための指針(メンタルヘルス指針)」を2006年に策定し、2015年に改正しています。この指針では、メンタルヘルスケアの実施にあたっては、次の3つが円滑に行われる必要があると示しています。

メンタルヘルスケアには欠かせない「4つのケア」

さらに、これらの「職場環境などの改善」「メンタルヘルス不調への対応」「休業者の職場復帰のための支援」等に取り組むにあたっては、次の4つのケアを効果的に推進する必要があります。

①セルフケア

労働者自身によるストレスへの気づき、ストレスへの対処や自発的な対応(セルフコントロール)のことです。

自己管理の一つといえますが、本人の力だけでは職場のストレス要因を処理できないこともあります。無理をせず休めたり周囲に相談できる職場環境であることも大切です。また、管理監督者自身のセルフケアも欠かせません。事業者は、セルフケアの対象に管理監督者も含むようにしましょう。

ストレスやメンタルヘルスへの正しい理解や、セルフコントロール方法の習得のために、事業者は、教育研修や情報提供などを行いましょう。

②ラインによるケア

管理監督者による、職場環境等の把握・改善や労働者の相談への対応、職場復帰における支援などのことです。

管理監督者は、部下が「いつもと違う」ことに早めに気づいて適切な対応を行いましょう。また、部下からの自発的な相談に、日常的に対応するよう努めなければなりません。常に部下の話を積極的に「傾聴」し、職場の人間関係や部下のメンタルヘルスの状態を把握するようにしましょう。ストレス要因を見つけたら、改善できる点があれば改善し、部下に対しては産業医や心の専門医への受診を促したり、事業場外の相談機関を紹介しましょう。

③事業場内産業保健スタッフ等によるケア

事業場の産業医や保健師、人事労務管理スタッフなどによる、心の健康づくり計画の実施などのことです。これらのスタッフが企画立案をしたり、事業場外資源とのネットワークを作ったり、職場復帰における支援などを行ううえで中心的な役割を果たし、①や②が効果的に実施されるよう努めていくことが望まれます。

④事業場外資源によるケア

地域産業保健センターや労災病院勤労者メンタルヘルスセンター、精神科・心療内科などの専門医療機関、産業カウンセラー、臨床心理士、精神保健福祉士等、事業場外の専門機関や専門医によるケアのことです。メンタルヘルスケアを行ううえでは、これらの資源から受ける情報提供や助言などを活用することが効果的です。

事業者は、労働者を速やかにそれらに紹介できるよう日頃からネットワークを形成しておき、円滑な連携を図るよう努めましょう。

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。