文字サイズ

「上司と部下の板ばさみでストレスがたまっています」

「上司と部下の板ばさみでストレスがたまっています」

Q.40代女性です。係長に昇進して約半年が経ちました。部下ができて、いわゆる中間管理職という立場になり、上司と部下の板ばさみ状態に悩まされています。日々のストレスで心身ともに疲れがたまっています。

A.中間管理職がストレスをため込まないためには、上司・部下と良好な人間関係を作ることが重要です。両者の話をじっくり聴き入れることが、コミュニケーション円滑の第一歩。さらに、何を優先すべきかを判断して、自分で仕事を抱え込まずに周囲を動かしましょう。

中間管理職は、上司と部下の間で常にストレス過多の状態

中間管理職は、文字どおり上司と部下にはさまれて、中間的なポジションで業務を行わなければなりません。まだまだ仕事に対して未熟な部下から不満が出ないように気を遣いながら、上司から言い渡された目標やノルマをこなさなければならないため、常に板ばさみの状態であるといえます。

重たい責任を負わされるなかで、自分の仕事だけに集中せず、部下を育てながら業務を遂行していくことは、大きなストレスになります。上司への報告や部下への叱咤がストレスになっている場合もあるでしょう。組織の輪を乱さず、うまく立ち回って円滑に業務を進めなければならないため、イライラが募ります。中間管理職の相談者さんは、上司と部下の間で常にストレス過多の状態といえます。

相手の話をじっくり聴き、自分の気持ちは書いて可視化してみよう

職場でのコミュニケーションは、多くの場合、チーム(組織)のプロジェクト(目的)をスムーズに進めるために行うものです。好き・嫌いの感情や「この人はいつもこう」という先入観は捨て、まずは両者の意見をじっくり聴き入れてみましょう。過去の記事「理解できないと嘆く前に」で紹介している「相手が話しやすくなる聴き方アドバイス」が参考になります。そして、相手の気持ちを受け止めたと、言葉で伝えることも大事です。そうすると、相手は「自分の気持ちを聴いてもらえた」と感じ、今後のコミュニケーションが円滑に進みます。処法を冷静に考えられるようになります。

また、上司から無理難題を言われたり、部下に注意をするときに「私が言ってもどうせ変わらない」と、モヤモヤを抱えたままでいるのは強いストレスになります。そのようなときに有効なのは、そのときの状況や自分の気持ちを紙などに書いて可視化することです。書いて自分を客観視することで、対処法を冷静に考えられるようになります。

自分ですべてを抱え込まず、適切に指示をして周囲の力も借りよう

中間管理職は、上司や部下、顧客など、さまざまな方面からの期待を背負っています。責任感の強い相談者さんは、すべての期待に応えようとして、大きなストレスを抱えてしまっているのでしょう。しかし、すべての要求に完璧に応えることは不可能です。優先順位を考え、それに沿って対応していくことを心がけましょう。

また、「部下の能力が足りない」「自分でやったほうが手っ取り早い」と考えて、何でも一人でやってしまうこともあるかもしれませんが、それでは部下は成長することができません。大切なのは、適切に指示をして周囲を動かすことです。一人ですべてを抱え込まず、周囲の力を借りることを心がければ、ストレスも自ずと減っていくでしょう。

「どうして指導したのにできないのか」と部下が思いどおりに動かないことにストレスを感じることもあります。しかし、「人は思いどおりに動かなくて当たり前」と割り切ることも肝心です。過度な期待をすると、ストレスを感じてしまいがちですが、このように考えることで少し気持ちが楽になります。

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。