文字サイズ

「気難しく苦手な上司と、どうしたらうまく付き合えますか?」

「気難しく苦手な上司と、どうしたらうまく付き合えますか?」

Q.30代男性です。職場の上司が気難しいタイプで苦手です。毎日顔を合わせながら仕事をすることに疲れてきました。どうしたら、このような人とうまく付き合っていけるのでしょうか?

A.気難しく苦手なタイプの上司と付き合うときは、仕事を進めるうえで必要最小限のコンタクトが取れればよいと考え、理性的な人間関係の構築に努めることです。また、アサーションを取り入れ、自分の意見を伝えられるとコミュニケーションがより円滑に進むでしょう。

不愉快な感情が生じたら、上司の言動を分析し理性的な対処を

気難しく苦手な上司と、職場で毎日顔を合わせなければならないとなると、仕事がつらいものに感じます。ストレスを抱えながら仕事をすることは避けたいものですね。

人には皆、相性があり、気の合う人もいれば気の合わない人もいます。問題は気の合わない人と、いかにうまく付き合っていくかということになります。気の合わない上司との付き合い方は、確かに難しいものがあり、不愉快な気分を味わうこともよくあるでしょう。

そこで重要になるのが、物事を「理性的に行う」ことです。上司の言葉で不愉快な感情が発生しないように、まず上司の言動をよく分析しましょう。

仕事でミスをして上司から叱責を受けた場合、仕事上のミスそのものは素直に認めてしっかりと反省する必要があります。しかし、上司の言い分が理にかなっていない場合、あるいは理不尽な場合は、上司はその程度の人格だと受け止め、受け入れる必要はありません。上司がミスを指摘するにあたり皮肉を交えたり、失礼で侮辱的な態度なものであるときは、上司の人格レベルはその程度のものと判断し、相談者さんが気分を害することはありません。組織のルールに従って、理性的に対処すればよいのです。

割り切って理性的に付き合うのが良好な人間関係の秘訣

そもそも職場は、世代も趣味も育ちも違う人たちが、仕事をするために集まった集団です。当然、一人ひとり考え方や感じ方、行動パターンが違います。自分の常識を超えた人がいることも当然考えられます。苦手な人と無理に親しくなる必要はありません。

どうしても苦手な上司とは、仕事を進めるうえで必要最小限のコンタクトをとることができればそれでよい、と考えましょう。割り切って理性的に対処することが、職場で良好な人間関係を作っていくための秘訣といえます。

アサーションを取り入れて、自分の意見も上手に伝えよう

そのような相手と口論することなく自分の意見を伝えるには、冷静かつ明確に、具体的な提案をするようにしましょう。

「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」という立場に基づく自己主張のことを「アサーション」といいます。アサーションを身につけて、自分の言い分も上手に伝えられるようになると、上司とのコミュニケーションが今よりも円滑に進むでしょう。アサーションの詳細については、当コーナーの過去記事(「取引先の担当者が苦手で、心身ともに疲れてしまいました」)を参考にしてください。

山本 晴義 先生

監修者 山本 晴義 先生 (医学博士 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長
神奈川産業保健総合支援センター相談員 埼玉学園大学大学院客員教授)
1972年東北大学医学部卒業、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長。日本心療内科学会監事・専門医、日本産業ストレス学会理事、日本産業精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本職業災害医学会評議員。厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。著書は『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(新興医学出版社)、『ドクター山本のメール相談事例集』(労働調査会)、『図解 やさしくわかる うつ病からの職場復帰』(ナツメ社)など多数。また、DVD『Dr.山本晴義の実戦!心療内科』(全2巻、ケアネット)、『元気な職場をつくるメンタルヘルス』(全12巻、アスパクリエイト)、CD『予防のための音楽「うつ」』(デラ)なども監修している。