文字サイズ

乳がんの予防には、たばこを避け、適度な運動と大豆製品の摂取を

乳がんの予防には、たばこを避け、適度な運動と大豆製品の摂取を

禁煙・受動喫煙防止と適度な運動、大豆製品の摂取でリスクが低下

生活習慣では、喫煙や受動喫煙によってリスクが高まる可能性があるとされています。そのため、乳がんを予防するには、まずはたばこを吸っている人は禁煙すること。そして、吸わない人も他人のたばこの煙を避けることが大切です。

飲酒も、乳がんリスクを高めることが知られており、国立がん研究センターが行っている多目的コホート研究*によると、飲酒量が多い、つまり「エタノール換算で週150gより多く飲酒」するグル-プでは、「飲んだことがない」グル-プに比べて、乳がんリスクが1.75倍高いことが示されています。ほかのがんや病気を予防するためにも、飲酒は適量(1日あたり日本酒なら1合、ビールなら大びん1本、焼酎や泡盛なら2/3合、ウイスキーやブランデーならダブル1杯、ワインならボトル1/3程度。それ以上飲む日があるときは、休肝日を設けて週あたり日本酒換算で7合程度)にとどめましょう。

また、適度な運動と、大豆製品の摂取は、乳がんのリスクを下げる可能性があります。 国立がん研究センターが行っている多目的コホート研究では、運動習慣が「月3回以内」のグループに比べ、「週3日以上」のグループでは乳がんのリスクが0.73倍になっていました。

運動によって乳がんのリスクが減少する詳しいメカニズムは、まだ解明されていません。しかし、運動習慣によって適正な体重を維持することは、乳がんに限らず、さまざまな生活習慣病の予防にも役立ちます。特に、閉経後や太り気味の女性は、運動習慣を身につけるとよいでしょう。

大豆製品の摂取に関しては、大豆製品に含まれるイソフラボンという成分の摂取量が多い女性ほど、閉経後に発生する乳がんのリスクが低いということが、アジア人を対象とした複数のコホート研究で示されています。イソフラボンは、化学構造がエストロゲンとよく似ています。そのため、イソフラボンを多く摂取することで、乳腺細胞のエストロゲン受容体に、エストロゲンより先にイソフラボンが結合し、エストロゲンの働きを弱めるのではないかと考えられています。

ただし、イソフラボンをとり過ぎてしまうと逆効果になる可能性があります。ふだんの食生活の中で、大豆や大豆製品から適量をとり、サプリメントなどで過剰に摂取することのないよう気をつけてください。

*コホート研究…数万人以上の特定集団を対象に、まず生活習慣などの調査を行い、その後何年も継続的な追跡調査を行うもの

40歳以上は2年に1度検診(マンモグラフィ)を

乳がんは、がんの中でも死亡率が比較的低く、5年生存率は約93%、10年生存率は約80%となっています(国立がん研究センターがん対策情報センター「全がん協部位別施設別生存率」による)。いずれにしても、早期発見、早期治療が重要であることは言うまでもありません。40歳以上の女性は、2年に1回は乳がん検診を受けることが勧められます。

また、20歳を超えたら毎月、月経後数日以内に、乳房にしこりや皮膚の異常がないか、血の混じった乳頭分泌液がないかなど、自身でチェックするようにするとより安心です。

津金 昌一郎 先生

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。