文字サイズ

がん予防のカギは禁煙、節酒、食生活、身体活動、適正体重

がん予防のカギは禁煙、節酒、食生活、身体活動、適正体重

太りすぎだけでなく、やせすぎにも注意

そして、日常的に積極的に身体を動かすことも大切です。運動量とがん発生リスクとの関連を調べた研究では、男女ともに身体活動量が多い人ほど、がんにかかるリスクが低くなることがわかりました。部位別でみると、男性では結腸がん、肝がん、膵がん、女性では胃がんのリスクが低下しました。

また、肥満も食道腺がん(日本人には少ない)、乳がん(特に閉経後の女性)、大腸がん、子宮体がんなどとの関連が指摘されています。一方で、やせすぎもがんのリスクを高めることがわかっています。特に、若いころやせていた女性は、将来、乳がんの発生リスクが高くなるというデータが複数報告されています。また、日本の7つのコホート研究約35万人のデータでは、男女共にBMI(体格指数、体重kg÷身長m÷身長m)が30を超えると1.3倍がん死亡リスクが高くなる一方、男性ではBMI21未満、女性では19未満のやせている人のがんの死亡リスクが高くなっていました。

では、どれくらいの体形が適正かというと、総死亡リスクを上げない観点も含めると、40歳以上の中高年にとっては、男性は21~27、女性は21~25の範囲になるように体重を調整するのがよいようです。

生活習慣に潜むリスクがわかる『がんリスクチェック』

さて、一年にわたりがん予防についてお話してきましたが、「今のままの生活を続けていても大丈夫?」「具体的に、今の生活習慣をどう変えたらいいの?」といった疑問を感じる方もいるでしょう。そんなときに役立つのが、「がんリスクチェック」です。

これは、国立がん研究センター社会と健康研究センターがまとめたコンテンツで、自分に当てはまる項目をチェックすることで、生活習慣改善のポイントをアドバイスしてくれるものです。ぜひ、ご自身やご家族の健康づくりのために活用してみてください。

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。