文字サイズ

がんを防ぎ、健康的に過ごすための1日の飲酒量

がんを防ぎ、健康的に過ごすための1日の飲酒量

男女ともに40歳代は適量を超えている人が多い

まったく飲まないグループから過去に飲んでいた人を除いてリスクを再計算するなど、研究結果を総合的に考えると、日本人にとって死亡リスクが高くならない飲酒量は、エタノール換算で男性では1日あたり46gまで、女性では23gまでとなります。お酒の種類別に、およそ23gの具体的な量を以下に示しましたので、参考にしてください。

●エタノール換算で23gとなる飲酒量
日本酒:1合(180mL)
ビール:大びん1本(633mL)
ワイン:グラス2杯(240mL)
焼酎、泡盛:2/3合(120mL)
ウイスキー、ブランデー:ダブル1杯(60mL)

なお、生活習慣病全般を防ぐ適正な飲酒量もおおむね同様です。厚生労働省が発表した「平成29年『国民健康・栄養調査』の結果」によると、「生活習慣病のリスクを高める量(1日当たりエタノール換算で男性40g以上、女性20g以上)を飲酒している人の割合」がもっとも高かったのは男女ともに40歳代で、男性21.4%、女性15.2%となっていました。働き盛りであるこの世代は仕事上のつきあいが多いことも、飲酒量の増加につながっていると考えられます。

日本人を対象とした複数の研究から、飲酒が肝臓がん、大腸がん、食道がんの発生リスクを上げるのは確実とされています。いつまでも健康な状態でお酒を楽しむためにも、くれぐれも飲みすぎには注意し、適量を守りましょう。つきあいの席などでたくさん飲んでしまった場合は、翌日以降に休肝日を設けるなどして、1週間単位で調整することも重要です。

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。