文字サイズ

若いうちから、がんになりにくい生活習慣を心がけよう

若いうちから、がんになりにくい生活習慣を心がけよう

わが国では高齢化にともない、がんにかかる人が増えています。がんにかかるリスクは高齢になるほど上がりますが、若いころからの不適切な生活習慣は将来のがんリスクに大きな影響をおよぼします。将来のがんを予防するためにも、「5つの健康習慣」を目標に、生活習慣を見直しましょう。

健康習慣の有無で将来のがんリスクに差がつく

がんの発生には生活習慣が深くかかわっており、なかでも、喫煙、飲酒、食事、身体活動、肥満度の5つは重要な要因であることが明らかになっています。日本人を対象とした研究をもとに国立がん研究センターが策定した「日本人のためのがん予防法」でも、これらの要因に焦点をあてた「5つの健康習慣」を提唱しています。

国立がん研究センターでは、45~74歳の男女約8万人を対象に、5つの健康習慣とがん発生リスクとの関連を多目的コホート研究において検証しました。具体的には、5つの健康習慣のうち実践している健康習慣の数とその組み合わせに基づき、その後10年間でがんに罹患する確率を男女別・年代別に調べました。なお、今回の研究では、5つの健康習慣を以下のように定義しています。

  • 1.非喫煙(過去喫煙は含まない)
  • 2.節酒(エタノール換算で150g/週未満)
  • 3.塩蔵品を控える(0.67g/日未満)
  • 4.活発な身体活動(男性:37.5メッツ・時/日以上、女性:31.9メッツ・時/日以上)
  • 5.適正BMI(男性:21-27、女性:19-25)

その結果、実践する健康習慣の数が多いほど、がんの罹患確率は男女ともに低くなりました。一方、年代別にみてみると、同じ習慣を実践していても、高齢になるほどがんに罹患する確率は高くなり、その傾向は女性よりも男性に顕著にみられました。また、健康習慣を実践している人としていない人との差は、年齢を重ねるほど広がる傾向にありました。

例えば、45歳でいずれの健康習慣も実践していない人のがん罹患確率は男性で3.9%、女性で4.5%(全て実践していると各々1.8%と2.7%)であるのに対して、70歳では男性29%、女性13%(全て実践していると各々14%と8%)となっています(国立がん研究センター社会と健康研究センター予防研究グループ「5つの健康習慣とがんのリスクについて」参照)。

*多目的コホート研究…数万人以上の特定集団を対象に、まず生活習慣などの調査を行い、その後何年も継続的な追跡調査を行うもの

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。