文字サイズ

喫煙者は「肺がんリスクモデル」で自分のリスクを予測し、今すぐ禁煙を

喫煙者は「肺がんリスクモデル」で自分のリスクを予測し、今すぐ禁煙を

肺がんは、世界的にみても最も死亡率の高いがんです。国立がん研究センターが作成した肺がんリスクモデルでは、10年間のうちに肺がんに罹患する確率が予測できます。年齢が高いほど、喫煙本数が多く長期間吸っている人ほどリスクが上昇するので、今すぐにでも禁煙し、肺がん検診も受けましょう。

長年たばこを吸っている人でも、禁煙によりリスクを下げることが可能

日本では、肺がんで死亡する人の約7割は喫煙が原因となっています。そうした状況を踏まえ、国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループでは、多目的コホート研究から得られたデータをもとに、肺がんに罹患する確率を予測するモデルを作成しました(JPHC Study「10年間で肺がんに罹患する確率について―詳細な喫煙状況などを用いた個人の肺がん罹患の予測モデル―」 )。

これは、年齢や性別、喫煙開始年齢、生涯喫煙量(PY=1日に吸うたばこの箱の数×喫煙年数)、ならびに禁煙後の経過年数から、10年間で肺がんに罹患する確率を算出し、個人の肺がんリスクを予測するものです。

それによると、性別によらず、年齢が高いほど、また生涯喫煙量が多いほど、10年間で肺がんに罹患する確率は高くなっていました。一方で、現在も喫煙しているグループと禁煙後10年以上経過しているグループを比較すると、同じ年齢や同じ生涯喫煙量であっても、禁煙したグループのほうが肺がん罹患確率は大幅に低くなっていました。

この予測モデルをもとに、国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループでは、10年間で肺がんに罹患する確率を知ることのできる「簡易スコア」を作成しています。以下の表から、ご自身に当てはまる①喫煙状況、②喫煙開始年齢、③年齢、のスコアを求めて合計し、確率を算出してみましょう。

例えば、20歳から毎日2箱吸っている男性喫煙者のケースで考えてみましょう。40年間毎日2箱吸い続けて60歳を迎えた(生涯喫煙量2×40=80PY)場合、10年間での肺がん罹患確率は8.9%となります。しかし、同じ男性でも、50歳時点で禁煙して60歳を迎えた場合(禁煙後10年以上、生涯喫煙量2×30=60PY)は1.8%となります。

*多目的コホート研究…数万人以上の特定集団を対象に、まず生活習慣などの調査を行い、その後何年も継続的な追跡調査を行うもの

①喫煙状況(非喫煙者は0点)
生涯喫煙量
(PY)
現在喫煙者 禁煙後
1~5年
禁煙後
6~10年
禁煙後
10年以上
15以下 4 1 -1 -2
16~30 6 3 1 1
31~45 7 4 3 2
46~60 8 5 3 3
61~75 9 6 5 4
76以上 10 7 5 5
②喫煙開始年齡(非喫煙者は0点)
15~24歳 0
25~34歳 -1
35~44歳 -2
45~54歳 -3
55歳以上 -4
③年齡
  40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳 60~64歳 65歳以上
男性 0 2 5 8 10 11
女性 2 4 5 7 8 9
スコア
スコア 10年間での確率 スコア 10年間での確率 スコア 10年間での確率
≦7 <0.5% 12 1.5% 17 4.6%
8 0.6% 13 1.8% 18 5.7%
9 0.7% 14 2.3% 19 7.1%
10 0.9% 15 2.9% 20 8.9%
11 1.2% 16 3.6% 21 11.1%

(国立がん研究センター社会と健康研究センター予防研究グループ「10年間で肺がんに罹患する確率について―詳細な喫煙状況などを用いた個人の肺がん罹患の予測モデル―」より作成)

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。