文字サイズ

サプリメントとがん予防との関連は?

サプリメントとがん予防との関連は?

手軽に栄養補給できるからと、がん予防を目的にサプリメントを利用しようと考える人がいるかもしれません。しかし、複数の研究により、サプリメントの補給によるがん予防効果は期待できないことが示されています。用法を誤るとかえって逆効果になる危険もあるため、十分に注意しましょう。

β-カロテンの過剰摂取は肺がんリスクを高める危険も

1980年代、サプリメントによるがん予防効果を検証する試験が国際的に行われました。これは、2~3万人のボランティアを募り、5~10年にわたって特定の成分の入ったサプリメントを飲んでもらい、その後のがん発生状況を調べるというものです。

このうち中国の一般住民を対象とした試験では、β-カロテン(15mg)、セレニウム、ビタミンEを投与したグループは、投与しなかったグループと比較して胃がんの発生率が21%低下していました。一方、中国以外(米国、フィンランド)の試験では、これらのサプリメントによるがん予防効果は認められず、逆に喫煙者が高用量のβ-カロテン(20~30mg)を摂取すると、肺がんのリスクを20~30%も上昇させることがわかりました。[1]

このような異なる結果になった理由として、投与前後のβ-カロテンの血中濃度の推移が関係していると示唆されています。中国の住民たちは、他のエリアの住民よりも元々の血中のβ-カロテン濃度が低い状態にありました。そこにβ-カロテンを投与したことにより、血中濃度がやや高いレベルに達し、がん予防効果が現れたと考えられます。これに対し、米国やフィンランドの対象者は元々血中濃度が高かったところにさらに補給したことにより、日常の食事だけではあり得ないような高レベルに達し、肺がんリスクが増加した可能性があると考えられます。

以上の結果は、これらの栄養素が、元々不足している人に対しては、適量を補給することでがん予防効果が期待できる可能性を示します。しかし、たくさん補給するほど効果があるというわけではなく、ふだんの食事から摂取するレベルを超えるほどの用量を補給すると、むしろ害となる可能性が高くなります。

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。