文字サイズ

サプリメントとがん予防との関連は?

サプリメントとがん予防との関連は?

サプリメントの大量摂取にメリットはない

ビタミンEについても、がんや心血管疾患の予防効果を検証するための試験が欧米で実施されてきましたが、多くの研究で、有意な予防効果は認められませんでした。それどころか、比較的高用量(1日400IU以上)のビタミンEを1年以上補給したグループでは、プラセボ(偽薬)を補給したグループと比較して、統計学的に有意に死亡率が高くなることが示されました。一方、低用量のビタミンEを用いた研究では、死亡率に差がないか、やや低下する傾向がみられました。[2]

また、β-カロテン、ビタミンA、C、E、セレニウムのいずれか、あるいはこれらを組み合わせたサプリメントの有効性を検証したデータ(68試験、合計23万人が対象)をメタアナリシス(統合解析)により評価した研究が、2007年に発表されました。これによると、ビタミンCとセレニウムについては、補給による死亡リスクの差はみられませんでした。一方、β-カロテン、ビタミンAおよびEについては、補給により4~16%死亡リスクが高まるという結果となりました。[3]

ここに紹介した以外にも、これらのサプリメントの補給にがん予防効果がないことを示す複数の研究結果が報告されています。これらを総合的にみても、その成分が明らかに欠乏状態にある一部の人を除いては、「がん予防を目的に、特定の栄養素をサプリメントで大量摂取することにメリットはない」と言えるでしょう。[4]

サプリメントは、あくまでも不足している栄養素を補うものであるという正しい認識をもち、過剰摂取にはくれぐれも気をつけましょう。

参考文献

  • [1]BARON, J. A., et al. IARC Handbooks of Cancer Prevention. Carotenoids. Vol. 2. IARC, Lyon, 1998.
  • [2]MILLER, Edgar R., et al. Meta-analysis: high-dosage vitamin E supplementation may increase all-cause mortality. Annals of internal medicine, 2005, 142.1: 37-46.
  • [3]BJELAKOVIC, Goran, et al. Mortality in randomized trials of antioxidant supplements for primary and secondary prevention: systematic review and meta-analysis. Jama, 2007, 297.8: 842-857.
  • [4]津金昌一郎.癌と臨床栄養.丸山道生編.日本医事新報社,東京,2016,p39-46.

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。