文字サイズ

緑茶には胃がん予防の可能性がある?

緑茶には胃がん予防の可能性がある?

緑茶は、世代を問わず多くの日本人に飲まれていますが、緑茶を摂取することにより、女性では胃がんリスク低下の可能性があることがわかりました。ただし、胃がんを予防するには、リスク因子をできるだけ減らすことが大前提です。国立がん研究センターが作成した「胃がんリスクチェック」も活用し、生活習慣の改善に努めましょう。

女性ではリスク低下の可能性あり

古くから日本人にとってなじみ深い緑茶。食事の後に、あるいはホッと一息つきたいときなど、1日に数杯飲むという人も少なくないでしょう。それくらい緑茶は私たちにとって身近な飲み物であるため、がんとの関係も気になるところです。

緑茶には特有の苦みや渋みがありますが、そのもととなっている成分がカテキンです。カテキンはポリフェノールの一種で、強力な抗酸化作用をもつほか、がん細胞の増殖を抑える働きもあります。そのため、これまでにも複数の研究などにより、緑茶はがんのリスクを低下させる可能性があることが示唆されてきました。しかし、「エビデンスは大変限られており、はっきりとした結論は出すことはできない」とされていました。

そこで、国立がん研究センターでは、複数の疫学研究の結果をもとに、日本人における緑茶摂取と胃がんリスクとの関係を評価しました。それによると、女性では緑茶の摂取が胃がんリスクを低下させる可能性がある、という結論となりました。一方、男性では緑茶と胃がんリスクの関連を示す十分なエビデンスは得られませんでした(国立がん研究センター 社会と健康研究センター 科学的根拠に基づくがんリスク評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究「緑茶と胃がんリスク」)。

津金 昌一郎

監修者 津金 昌一郎 先生 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年より国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2010年に国立がんセンターの独立行政法人への移行に伴い、国立がん研究センター予防研究部長に就任。2013年から現職。1990年にスタートした国立がん研究センターがん研究開発費による研究班(2009年度までは、厚生労働省がん研究助成金による研究班)による大規模疫学研究である多目的コホート研究の主任研究者を務める。2010年朝日がん大賞、2014年高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞。一般向けの主な書著に『科学的根拠にもとづく最新がん予防法』『がんになる人ならない人』『ボリビアにおける日本人移住者の環境と健康』『なぜ、「がん」になるのか?その予防法教えます。』『食べものとがん~がんを遠ざける食生活~』などがある。昭和大学、山形大学客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。