文字サイズ

ピロリ菌を除菌すれば胃がんは防げる?

ピロリ菌を除菌すれば胃がんは防げる?

ピロリ菌の持続感染は胃がんの最大リスク要因であり、胃がん患者の大部分はピロリ菌感染者であることがわかっています。ピロリ菌の除菌治療は胃がんの予防に有効ですが、除菌により胃がんを完全に防げるかどうかは定かではありません。塩分のとり過ぎ、喫煙習慣といった胃がんリスクにつながる生活習慣があれば、すぐにでも改めることが大切です。

胃がんになった人の9割以上がピロリ菌に感染

国立がん研究センターでは、多目的コホート研究*において、胃がんになった約500人と胃がんになっていない約500人を対象に、ヘリコバクター・ピロリ(以下、ピロリ菌)の感染および感染歴の有無を調べました。その結果、胃がんになったグループのうち9割以上の人にピロリ菌への感染、もしくは感染歴が認められ、まったく感染したことがない人に比べて約10倍、胃がんになりやすいことがわかりました。この研究結果も含めた複数の研究に基づき、「日本人のためのがん予防法」では、ピロリ菌の感染が、胃がんリスクを高めることは「確実」と評価しています。

ピロリ菌は不衛生な水や食べ物を介して感染すると考えられています。そのため、日本におけるピロリ菌の感染率は、上下水道が完備されていない生活環境で幼少期を過ごした中高年層で高くなっています。

ピロリ菌は胃の表層粘膜にすみつき、胃酸の影響を受けずに生き延びることができます。ピロリ菌が長くすみつくと、菌が出す毒素により胃の粘膜が壊され、炎症がおこります。この状態がつづくと、やがて胃の粘膜に穴が開いたり、粘膜細胞の遺伝子が傷ついたりして、胃潰瘍や胃がんなどがおこりやすくなるのです。

*コホート研究…数万人以上の特定集団を対象に、まず生活習慣などの調査を行い、その後何年も継続的な追跡調査を行うもの

井上 真奈美

監修者 井上 真奈美 先生 1990年筑波大学医学専門学群卒。1995年博士(医学)取得。1996年ハーバード大学公衆衛生大学院修士課程修了。愛知県がんセンター研究員、国立がんセンター室長、東京大学特任教授等を経て、現在、国立がん研究センターがん対策研究所予防研究部部長。専門分野はがんの疫学と予防。