文字サイズ

ウイルス性肝炎の発見・治療で肝がんが防げる

ウイルス性肝炎の発見・治療で肝がんが防げる

日本人の肝がんの約80%は、ウイルス性肝炎が原因といわれています。ウイルス性肝炎は自覚症状に乏しいため、気づかないうちに肝硬変や肝がんに進行する危険があります。一生に一度は肝炎ウイルス検査を受け、感染の有無を確認することが肝がんの予防につながります。

C型肝炎ウイルスの感染で肝がんリスクは36倍に

肝臓は、食事でとった栄養分を取り込んでエネルギーなどに作り変える、体内の有害物質を解毒して排出する、脂肪の消化・吸収を助ける胆汁を作る、といった大切な役割を担っています。この肝臓の細胞ががん化し、悪性腫瘍となったものが肝がん(肝細胞がん)です。

肝がんが発生する主な要因は、B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスの持続感染で、日本人の肝がんの約80%はウイルス性肝炎が原因といわれています。国立がん研究センターが行った大規模コホート研究*においても、肝炎ウイルスに感染していない人に比べて、B型肝炎ウイルスに感染している人は16倍、C型肝炎ウイルスに感染している人は36倍、肝がんのリスクが高くなることが示されています。

肝炎ウイルスが長期間、体内にとどまっていると、その間に肝細胞の炎症と再生が繰り返されます。すると、遺伝子の突然変異が度々おこり、がん化すると考えらえています。

*コホート研究…特定集団を対象に、まず生活習慣などの調査を行い、その後何年も継続的な追跡調査を行うもの

井上 真奈美

監修者 井上 真奈美 先生 1990年筑波大学医学専門学群卒。1995年博士(医学)取得。1996年ハーバード大学公衆衛生大学院修士課程修了。愛知県がんセンター研究員、国立がんセンター室長、東京大学特任教授等を経て、現在、国立がん研究センターがん対策研究所予防研究部部長。専門分野はがんの疫学と予防。