文字サイズ

前立腺がんが心配なときは、PSA検査を受けたほうがいい?

前立腺がんが心配なときは、PSA検査を受けたほうがいい?

前立腺がんは、高齢の男性に多くみられ、日本人男性では罹患数1位のがんです。早期発見にはPSA検査が役立ちますが、なかには放置しても差し支えないがんもあることから、過剰診断につながる可能性もあります。メリット・デメリットを確認したうえで、PSA検査について検討しましょう。

60代以降で急増するが、悪性度の高いものは少ない

前立腺は、膀胱(ぼうこう)のすぐ下にあるクルミほどの大きさの臓器で、尿道を取り囲むように位置しています。前立腺は精液の一部をつくるなどの働きをする、男性にしかない臓器です。

前立腺の病気としてよく知られる前立腺肥大症は、その名のとおり、前立腺が肥大して尿道を圧迫します。そのため、尿が出にくい、残尿感、排尿時の痛み、頻尿といった症状が現れやすくなります。これに対し、前立腺がんは尿道から離れた箇所に発生することが多いため、初期ではほぼ無症状です。がんが進行して病巣が広がると、前立腺肥大症と同様の症状が現れるようになり、さらにがんが骨に転移すると、腰や四肢に痛みが出る場合があります。

がん罹患数を部位別でみると、日本人男性でもっとも多いのが前立腺がんです。特に50歳以上の男性に多く、60代以降で患者数は急増する傾向にあります。一方で、前立腺がんは悪性度の高いものは少なく、比較的治りやすいがんでもあります。また、前立腺がんのなかには進行が遅く、放置しておいても寿命に直接影響を及ぼすことのないがんも存在するのが特徴です。

井上 真奈美

監修者 井上 真奈美 先生 1990年筑波大学医学専門学群卒。1995年博士(医学)取得。1996年ハーバード大学公衆衛生大学院修士課程修了。愛知県がんセンター研究員、国立がんセンター室長、東京大学特任教授等を経て、現在、国立がん研究センターがん対策研究所予防研究部部長。専門分野はがんの疫学と予防。