文字サイズ

ちゃんと上下に動かしてる? デンタルフロスは正しく使おう

ちゃんと上下に動かしてる? デンタルフロスは正しく使おう

初めての人はホルダータイプが使いやすい。慣れたら糸巻きタイプへ

ホルダータイプはフロスの準備も不要、使い方も単純なため、初めてデンタルフロスを使う人にはおすすめです。フロスの太さによりタイプがあり歯と歯の間が詰まっている人には細いタイプがおすすめです。また、糸巻きタイプは、慣れてくればフロスの使い方を細かくコントロールでき、歯垢除去効果を高めることが可能です。デンタルフロスに慣れたら、糸巻きタイプへ、といった使い分けもよいでしょう。

ホルダータイプを持つとき、柄の端を持ってしまうと、動きが大きくなり過ぎ、歯ぐきを傷つける恐れがあります。フロスに近いほうを持つようにしましょう。歯間へのフロスの入れ方や、その後の動かし方は、基本的に糸巻きタイプと同じです。

フロスが太めの分、歯間に入れるとき、ホルダータイプのフロスではきつく感じることがあります。そんなときには力任せにせず、ゆっくり前後に動かしながら、歯の根元まで入れてください。ホルダータイプが抜けなくなってしまった場合は、フロス部分をはさみで切って、引き抜くことになります。

デンタルフロスのほか、歯間清掃具には歯間ブラシがありますが、これは歯周病などで歯と歯の間が開いてしまった人向きです。歯間が詰まっているのに、歯間ブラシをねじ込むようなことはしないでください。

歯間ブラシとの使い分けも含め、デンタルフロスの正しい使い方は、一度、歯医者さんを受診して、歯科衛生士さんに指導してもらうのがよいでしょう。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。