文字サイズ

ステインを除去して、輝く白い歯で思いっきり笑おう!

ステインを除去して、輝く白い歯で思いっきり笑おう!

ステイン除去で歯の表面が滑らかになるとステインがつきにくくなる効果も

歯の着色や汚れには、多くの歯科医院で対処してくれます。一般的に行われているのは、歯石や歯垢をとるためのクリーニングの一部としてのステイン除去です。専用の歯面清掃器を使って、歯の表面を傷つけずに着色や汚れを除去できます。いわば茶碗の表面に付いた茶渋を磨いてとるような治療です。歯の表面が滑らかになってステインがつきにくくなるような予防効果も期待できるとされています。

もう一つのホワイトニングは、茶碗を漂白剤につけて、茶碗の内部にしみ込んだ茶渋まで落として白くするような治療です。具体的には、歯の内部にしみ込んだ着色や汚れの成分を過酸化水素などの薬剤を使って分解して、白く見えるようにするのです。

いずれも健康保険の適用外のため、希望する場合は事前に歯科医院とよく相談することが大切です。とくにホワイトニングには、上記のほかにもさまざまな手法が取り入れられており、費用や効果について十分に理解してから始めるようにしてください。

「本来の歯はそれほど白くはない」という指摘もあり、歯の着色や汚れを気にしすぎるのは避けたいところです。しかし、「白い歯」で自分に自信がつき積極的になれるようなら、セルフケアを実践し、歯科医院に相談して「輝く白い歯」に挑戦してみるのもよいでしょう。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。