文字サイズ

歯を失ったままにせず、ブリッジや入れ歯などで補いましょう

歯を失ったままにせず、ブリッジや入れ歯などで補いましょう

どの補綴治療も健康保険適用の有無などをよく相談・納得のうえ受けよう

失った歯が多数だったり、支えにできる歯がないか、あっても失った歯の片側にしかなくブリッジができない場合は「部分入れ歯」の治療の対象となります。部分入れ歯は、人工歯のほか、人工歯の“歯ぐき”になるプラスティック製の義歯床、入れ歯が動かないように残っている歯にかけるためのバネなどから成り、入れ歯部分が複数箇所の場合はつないで一体化させます。

さらに、上あごも、下あごも、すべての歯を失った場合は「総入れ歯」が必要になります。総入れ歯は歯ぐきの材料によって大きく2つに分けられます。健康保険適用のレジン(プラスティック樹脂)製と、一部健康保険適用のチタンなどの金属製です。

補綴にはこのほか、歯を失ったあごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に支台と人工歯を取り付ける「インプラント」による治療もありますが、これは健康保険の適用外です。

インプラントに限らず、どの治療法でも、健康保険適用の有無、費用、治療による体への負担、メリット・デメリットなどを、事前に歯科医師とよく相談・納得のうえ、必要な補綴治療は必ず受けるようにしてください。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。