文字サイズ

深部の歯石を除去し、歯周ポケットをなくす「フラップ手術」

深部の歯石を除去し、歯周ポケットをなくす「フラップ手術」

歯周病が進行して歯槽骨が失われている場合は、再生治療が行われることも

このようなフラップ手術で、歯周病の進行をいったん止めることができます。しかし、進行した歯周病では、歯の土台部分の骨(歯槽骨)が失われている場合もあり、フラップ手術では骨の回復までは不可能です。このようなケースでは、フラップ手術と同時に、GTR法・エムドゲイン法、また、最近ではリグロス(一般名トラフェルミン)という薬剤を用いて骨を再生させる手術が行われる場合もあります。

歯周病が進んでしまったら、フラップ手術に加え、このような歯のまわりの骨の再生治療もあることを知っておきましょう。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。