文字サイズ

歯みがき粉の違いや正しい使い方を知っておこう

歯みがき粉の違いや正しい使い方を知っておこう

知覚過敏の予防や着色除去の効果も。清涼感で「みがけたつもり」は逆効果

歯みがき粉には、むし歯予防以外にも、歯がしみるといった知覚過敏の予防や、歯の着色除去が期待できる成分などが含まれているものがあるので、表示されている効果・効能をよく見て選ぶとよいでしょう。

ただし、着色除去に効果がある研磨剤(清掃剤)が含まれている歯みがき粉は、研磨剤の働きが強すぎると歯の表面のエナメル質が削られたり、歯ぐきを傷つける恐れがあります。かえって着色しやすくなったり、知覚過敏の原因になることもあるので、使いすぎないようにしましょう。

なお、口臭対策や甘味、清涼感のために、香料やサッカリンナトリウムなどが使われていることもあります。ブラッシングが不十分でも、歯みがき粉の清涼感で「みがけたつもり」になってしまっては逆効果です。歯科医院で定期的に、適切なブラッシングができているかのチェックと指導を受けるようにしましょう。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。