文字サイズ

上下の歯が接触するクセ(TCH)は、顎関節症の原因に!

上下の歯が接触するクセ(TCH)は、顎関節症の原因に!

接触が起こりやすいシーンでは、事前に「歯を離す」ようにする

上下の歯の接触するクセを治すには、まず、スマホ操作のときや調理のときなど、さまざまなシーンで歯の接触を確認します。そこで、接触に気づいたら、すぐに離すようにします。歯の接触時間が長いと、あごの筋肉を疲れさせ、顎関節症のリスクになることをよく理解しておくことも大切です。

接触の多いシーンがわかったら、事前に「歯を離す」ように意識するのもよいでしょう。たとえば、スマホ操作時に歯の接触が多いことがわかったら、スマホを取り出した時点で、「歯を離す」ようにするわけです。

以上の方法を試してみても、歯の接触グセがなかなか治らない、抑えられないという場合は、歯科医院や病院の口腔外科で相談してみましょう。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。