文字サイズ

今からでも歯は動く! 知っておきたい「大人の歯列矯正」

今からでも歯は動く! 知っておきたい「大人の歯列矯正」

歯並びの乱れを放置すれば、口臭、顎関節症、不明瞭な発音などの原因に?

歯列矯正の治療は、「矯正歯科」を看板に掲げる歯科医院で受けることができます。顎変形症がある場合などを除き、基本的に健康保険は使えず、全額自己負担となります。また、痛みも伴うため、治療内容・治療期間や治療のメリット・デメリット、費用や支払い方法などを、治療に入る前によく確認しておく必要があります。

下記のような歯並びの乱れや噛み合わせの悪さがあると、むし歯や歯周病から、口臭、顎関節症、さらには不明瞭な発音などの原因になりかねないとされています。大人になってからでも検討してみてはどうでしょう。

●歯列矯正を検討する「歯並びの乱れや噛み合わせの悪さ」の例

歯が前に出ている/歯がでこぼこに生えている・生え方自体がふぞろい(乱ぐい歯、八重歯)/噛み合わせたとき、下の前歯が3本以上、上の前歯の前にかぶさる(受け口)/噛み合わせたとき、上の前歯で、下の前歯がすべておおわれてしまう/歯と歯の間にすき間がある(すきっ歯)/噛み合わせたとき、奥歯は噛み合っているのに、上下の前歯の間にすき間ができる/噛み合わせたとき、上下の前歯の中心が左右にズレている など

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。