文字サイズ

「口臭」が気になるなら、原因を知って少しでも減らそう

「口臭」が気になるなら、原因を知って少しでも減らそう

口臭は自分では気づきにくい反面、いったん気になり出すと、みんなに嫌がられているのでは? などと、過剰な心配をしてしまいがちです。「何が口臭の原因になりやすいのか」をよく知り、その原因を少しでも減らすように心がけてみましょう。

舌の汚れや歯周病菌でガスが発生、唾液の減少・口の乾燥も口臭の原因に

口臭の原因は主に「舌苔(ぜったい)」「歯周病」「唾液の減少」の3つです。

このうち舌苔は舌の表面にたまった汚れであり、舌の表面が白色~薄い黄色に見える場合は舌苔が疑われます。舌苔そのものが臭うわけではなく、舌苔の中の細菌が汚れを分解した際に、口臭のもとになるガスを発生させるのです。

同様に、歯周ポケットの深いところにいる歯周病菌が、口臭のもとになるガスを代謝の際にも発生させるため、進行した歯周病も口臭の原因になります。ちなみにむし歯の場合は、初期段階や本数が少ない場合は、口臭にはあまり影響しないものの、むし歯が進行したり、むし歯の本数が増えたりすれば要注意と考えられています。

もう一つの唾液には、口の中の汚れを洗い流す働きがあるとされており、唾液が減ると、汚れが口の中にとどまりやすくなり、口臭のもとになるガスが出やすくなります。そのうえ、唾液の減少によって口の中が乾きやすくなると細菌が増殖して汚れの分解が進み、口臭が強くなります。

口臭は起床時が最も強く、食事をしたり、歯をみがくと弱まります。これは、就寝中は唾液が減ること、食事で唾液が増えること、歯みがきで口の中の汚れが減ることが一因とされています。

まず歯周病治療、ブラッシングにデンタルフロスを加え、舌ブラシの活用も

以上の原因から、口臭を抑えるためには、舌をきれいに保ち、歯周病を防ぎ・治療し、唾液が減らないようにすることが大切です。

なかでも、口臭の最大の原因は歯周病と考えられており、定期的な歯科健診も含めた十分な歯周病対策が大切です。その基本となる適切なブラッシングは、歯やその周辺の汚れを除去することでも口臭予防につながります。デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯と歯の間の汚れも取り除いてください。

舌をきれいに保つには舌苔の除去が大切です。舌は傷つきやすいため、歯ブラシで代用せず、市販の舌ブラシを使いましょう。唾液が少ない就寝中に舌苔が増えやすいため、舌掃除は1日1回、朝食前に行います。鏡を見て、舌ブラシを舌の奥から前方に移動させ、やさしく汚れ(舌苔)をこすり取ります。よごれが付きやすい舌の奥はやや念入りに。舌の奥の掃除で吐き気が出る場合は、息をこらえて行うとよいようです。

また、唾液不足にならないように、食事のときは意識してよく噛むようにします。よく噛むと唾液腺が刺激されて、唾液が出やすくなります。耳やあごの下をやさしく押さえる唾液腺マッサージも効果的です。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。