文字サイズ

「たばこ」は歯周病の大きなリスクファクター、今すぐやめましょう

「たばこ」は歯周病の大きなリスクファクター、今すぐやめましょう

喫煙によって、歯周病にかかりやすくなることは明らかです。一方で、喫煙者は歯肉からの出血が現れにくく、歯周病の進行に気づきにくいことが特徴です。そのうえ重症化しやすく治りにくいため、ついには歯を失いやすい……。これらのリスクを避けるため、今すぐ禁煙しましょう。

喫煙者は歯周病にかかりやすく重症化しやすいが、自分では気づきにくい

歯周病は、歯垢(プラーク)に無数に含まれる歯周病菌が、歯肉に炎症を起こすことから始まります。たばこを吸っている人(喫煙者)は免疫力が低下しやすく、たばこを吸っていない人(非喫煙者)よりも歯周病にかかりやすくなります。

歯周病の代表的な症状には、炎症が起きた歯肉の腫れや出血があり、それによって自分で気づくことが多いのですが、喫煙者は歯周病の発症や進行に気づくのが遅れがちです。その原因として、たばこの有害物質ニコチンが血管を収縮させるため血流量が減り、赤く腫れ、出血しにくくなる。さらに歯肉にメラニン色素が沈着して赤黒くなり、出血が外見上でわかりにくくなってしまうということがあります。

加えて、喫煙者は血液循環が悪化するため、歯と歯肉の間にできる溝である「歯周ポケット」の中で歯周病菌とたたかう白血球の供給が少なくなるため、重症化しやすくなっています。すなわち、喫煙者は歯周病にかかりやすく重症化しやすいにもかかわらず、気づきにくいため、歯周病がいっそう重症化するという悪循環に陥ってしまいがちです。

なお、ニコチンは歯肉のもとになる細胞の増殖やコラーゲンの生成を妨げることから、喫煙を続けると歯肉の弾力性が失われ、ハリやツヤのない乾いたゴワゴワした歯肉となります。

歯肉の血流量は禁煙5日で回復するが、歯を失くすリスク回復には10年以上

しかし、それらの歯周病のリスクは、禁煙すれば短期間で減ることもわかっています。たとえば、喫煙で低下した歯肉の血流量は、禁煙3日後から増え始め、5日後には非喫煙者レベルにまで回復した、という研究結果があります。*1

また、歯周病治療で重要となる、歯石除去などのための「スケーリング」や「ルートプレーニング」の処置の効果を喫煙習慣の有無で比較した研究では、喫煙者では歯石除去による十分な改善効果が得られませんでした。しかし、禁煙者は非喫煙者と同じくらい改善したことが明らかになっています。*2

さらに、歯周病は成人が歯を失う最大の原因として知られていますが、喫煙習慣の有無は歯を失うリスクにも影響を及ぼします。喫煙者は非喫煙者に比べて歯を失うリスクは約2倍でしたが、禁煙1年後からそのリスクは低下し始め、10年ほどで統計的な差はなくなり、禁煙から13~15年後にはほぼ同じになる、という研究結果があるのです。*3

見方を変えると、歯を失うリスクを非喫煙者と同程度まで低下させるには、禁煙後10年以上かかることになります。このため、喫煙者が自分の歯を守るには、早めに、できれば今すぐ禁煙することがすすめられます。

*1 Morozumi T, Kubota T, Sato T, Okuda K, Yoshie H.: Smoking cessation increases gingival blood flow and gingival crevicular fluid. J Clin Periodontol, 31:267-272, 2004

*2 Grossi SG, Zambon J, Machtei EE, Schifferle R, Andreana S, Genco RJ, Cummins D, Harrap G.: Effects of smoking and smoking cessation on healing after mechanical periodontal therapy. J Am Dent Assoc, 128:599-607, 1997

*3 Krall EA, Dietrich T, Nunn ME, Garcia RI.: Risk of tooth loss after cigarette smoking cessation. Prev Chronic Dis, 3(4):A115, 2006

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。