文字サイズ

「たばこ」は歯周病の大きなリスクファクター、今すぐやめましょう

「たばこ」は歯周病の大きなリスクファクター、今すぐやめましょう

「加熱式たばこ」でも有害物質により健康への悪影響が懸念されている

たばこに関しては近年、たばこの葉を加熱して蒸気を発生させて吸引する加熱式たばこに切り替える人が増えています。加熱式たばこは発売からの年数が短いこともあり、歯周病との関係はまだ報告されていません。しかし、加熱式たばこでも、有害物質を発生させ、それを体内に取り込んでしまうという点では従来型のたばこと変わりがなく、歯周病を含め健康への悪影響が懸念されています。加熱式たばこも含めて「吸わない」「やめる」ことが大切です。

1人で禁煙が難しい場合、医師のサポートによる「禁煙外来」を利用する方法もあります。禁煙外来での禁煙治療には健康保険が適用され、加熱式たばこの使用者も一定以上の本数を吸っていれば、健康保険で禁煙治療を受けられます(「加熱式たばこでも、禁煙しないとダメですか?」参照)。また、歯周病の治療とともに禁煙支援をしてくれる歯科医院もあります。

自分に合った禁煙支援を上手に使って禁煙し、歯周病の進行や歯の喪失を食い止めましょう。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。