文字サイズ

「インプラント治療」は正しく理解したうえで受けましょう

「インプラント治療」は正しく理解したうえで受けましょう

顎の骨に人工の歯の根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯を作るインプラント治療。よく噛めるようになる、見た目がきれいになるといった高い満足度が得られている一方で、術後にしびれや出血がみられたり、インプラントが抜け落ちてしまったりというトラブルの報告も見受けられます。インプラント治療はリスクも含めて正しく理解したうえで受けましょう。

よく噛めて見た目もきれいだが、手術が必要。治療期間が長く、費用は高額に

むし歯や歯周病、あるいは事故などで歯を失った場合、一般的には部分入れ歯やブリッジによる治療が行われています。ここで、歯を失くした箇所に、根元部分も含めて人工の歯(義歯)を入れるのがインプラント治療です。

人工歯がしっかりと固定され、部分入れ歯などに比べてよく噛めるようになるとされています。また、部分入れ歯などによる治療のように、残っている歯に対して、削る・義歯を装着するための装置を付けるといった負担をかけることはなく、欠損部に新しくきれいな歯になるため、見た目も整うといった点もメリットです。

一方、デメリットも少なくありません。インプラント体を埋め込むために歯肉を切り開く手術を受けることになり、治療法によっては、合計2回の手術が必要になる場合があります。インプラント体が顎の骨と十分に結合するためには一定の期間が必要であり、顎の骨の状態が悪く、骨の治療が必要な場合はさらに長期化します。インプラントの人工歯が欠けたり、人工歯とインプラント体の間が緩んだり、インプラントの周囲に感染症(インプラント周囲炎)が起こる場合もあります。治療後に問題が発生しても対処しづらいケースもあります。そして、原則として全額自己負担のため、治療費が高額になります。治療期間や費用は必ず事前に確認しましょう。

なお、全身状態が悪く手術を受けるだけの体力がない、インプラント体を埋め込む顎の骨の質・量が十分でない、といったケースは治療の対象にならないこともあります。

糖尿病などの持病がある人は治療の可否を相談。治療後のメインテナンスも重要

歯周病にかかっている人や喫煙している人は、埋め込んだインプラント体の「寿命が短い(残存率が低い)」ことが明らかです。これらの人がインプラント治療を希望する場合は、まず歯周病をきちんと治療し、禁煙することが大切です。

高血圧や心臓病、ぜんそくなどの呼吸器の病気、腎臓や肝臓の病気、さらには糖尿病や骨粗しょう症などの病気そのものやこれらの治療薬は、インプラント治療に影響が出やすくなります。それらの患者さんはインプラント治療の可否などを、歯科医師とよく相談する必要があります。

また、インプラント治療は人工の歯を作ったら終了ではありません。自分の歯と同様に細菌感染により喪失するリスクはあります。治療直後の良好な状態をできるだけ長く維持し、問題が起こることを防ぐため、さらには、万一、問題が生じた場合に早めに対処するために、メインテナンスと呼ばれる定期的なチェックとクリーニングを続けることが必要です。上記の持病のある患者さんはとくに注意が必要です。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。