文字サイズ

「インプラント治療」は正しく理解したうえで受けましょう

「インプラント治療」は正しく理解したうえで受けましょう

インプラント治療によるトラブルを防ぐために、受ける前によく確認を

インプラント治療に関わる相談が寄せられている国民生活センターは2019年3月、「あなたの歯科インプラントは大丈夫ですか」と題する報道資料を発表しました。この資料の中で「消費者へのアドバイス」として次の3項目を挙げています。インプラント治療を受ける前によく確認し、「問題」を未然に防ぎましょう。

①インプラント治療を受ける場合は情報を収集し、治療前には歯科医師に口腔内および全身の状況、治療方法や費用、リスク等に関する説明を求めましょう。
説明を受けた内容や治療費、治療方法の記録をとっておく。

②インプラント治療で不具合が生じた場合は、他の医療機関への相談も検討しましょう。
治療を受けた歯科医院で対応してもらえない場合は歯科大学の附属病院などの受診を。

③歯科インプラントを長持ちさせるには、自分自身で適切な口腔清掃と定期検診やメインテナンスが欠かせません。
インプラント周囲炎や糖尿病、骨粗しょう症などでインプラントを失うリスクがあるため、セルフケアと定期受診の継続を。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。