文字サイズ

妊娠中の口腔ケア ブラッシング、歯の治療はどうする?

妊娠中の口腔ケア ブラッシング、歯の治療はどうする?

俗に「一子を得ると一歯を失う」などといわれています。もちろんこれには科学的な根拠はありませんが、妊娠によってむし歯や歯周病になりやすくなるのは確かです。妊娠中はもちろん、妊娠前から口腔ケアに十分に気を配りましょう。

女性ホルモンの急増や「つわり」による食生活の変化でむし歯や歯周病に

妊娠に伴い女性ホルモンが急増すると、口の中で歯周病を引き起こすPi菌(プレボテラ・インターメディア)という細菌が増殖しやすくなります。また、血管内に水分が取り込まれやすくなり、唾液の水分が失われることで、口の中の自浄作用が低下し、むし歯や歯周病の引き金になります。

また、つわりのある時期は、歯ブラシを口に入れるだけで吐き気をもよおす人も多く、ブラッシングが不十分になりがちです。実際に吐いてしまうと、奥歯を中心に胃酸の影響を受け、歯が溶け出しやすくなります。つわりによる食嗜好の変化のほか、一度に食べられる量が減る分、間食や食事の回数が増えることも、口腔ケアが不十分になる一因となります。

妊娠中は歯肉が腫れやすいので、やわらかめの歯ブラシを使用しよう

間食や食事の回数が増えたら、その分こまめにブラッシングするのが理想です。しかし、つわりでブラッシングがつらい場合は、できるだけ気分がいいタイミングでしっかりとみがくようにしましょう。

歯ブラシはヘッドが小さめのものを使い、香料の強い歯磨剤は避け、顔を下向きにして、前にかき出すようにブラッシングします。どうしても歯ブラシを口に入れる気になれないときは、デンタルフロスや歯間ブラシを使ったり、ぶくぶくうがいだけでもしておくようにしましょう。

妊娠中は女性ホルモンの増加で血流量が増えて血管が拡張し、歯肉が腫れやすくなっています(妊娠性歯肉炎)。これまでどおりのブラッシングで歯肉の健康を維持していれば問題ありませんが、もし腫れてしまうと、歯肉を傷つけ出血しがちです。これを避けるためには、やわらかめの歯ブラシを使い、鏡を見ながら腫れているところを傷つけないように、優しくみがくようにしてみましょう。妊娠性歯肉炎の多くは出産でおさまりますが、なかには出産後に本格的な歯周病に移行してしまうケースもあるため、妊娠中の口腔ケアが大切です。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。