文字サイズ

プラークコントロールが歯周病対策のカギ。新年度を機に基本をおさらいしよう

プラークコントロールが歯周病対策のカギ。新年度を機に基本をおさらいしよう

土台が溶けた歯がぐらぐらして、ついには抜けてしまう歯周病。高齢者の病気というイメージが強いかもしれませんが、30代以上の成人の約70%がかかっているといわれる“国民病”のひとつです。新年度の始まりを機に、改めて歯周病への理解を深め、ブラッシングをはじめとするセルフケアや治療・歯科検診の受け方などを見直しましょう。

歯の土台の骨が溶ける歯周病。しかし、痛みはほとんどなく、気づかず進行も

歯周病は、口の中の細菌の塊であるプラーク(歯垢)による炎症が、歯の周りの歯肉から歯を支える土台である骨(歯槽骨)にまで広がり、やがて溶けてしまう病気です。その結果、土台を失った歯は抜けてしまいます。炎症により歯肉が赤くなったり腫れたりしますが、痛みはほとんどありません。そのため、口の中に無関心でいると、気づかないまま歯周病が進行してしまいます。「歯が浮いたような感じがする」「ぐらぐらしている気がする」といった、歯そのものに異常を感じるのは症状が進行した状態といえます。

あなたの口の中は大丈夫でしょうか? まず、歯周病のセルフチェックをしてみましょう。チェック項目はすべて、歯周病が疑われる症状です。

歯周病のセルフチェック

(チェック項目の数が多いほど、歯周病の危険性が高い)

  • □ 口臭を指摘されたことがある、自分で気になる
  • □ 朝起きたときに口の中がネバネバする
  • □ ブラッシングの際、歯ブラシや歯磨剤など血が混じることがある
  • □ 歯肉が赤く腫れている
  • □ 歯肉が下がり、歯が長く見えるようになった
  • □ 歯肉を押すと血や膿が出る
  • □ 歯と歯の間に物が詰まりやすい
 

(日本臨床歯周病学会ホームページ「歯周病のセルフチェック」より作成)

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。