文字サイズ

妊娠中は歯周病に注意! 胎児に影響が出る場合も…

妊娠中は歯周病に注意! 胎児に影響が出る場合も…

妊娠はさまざまな体調の変化をもたらします。食生活が変化し、歯みがきもしづらくなります。そのため、歯周病のリスクが上昇し、その影響は胎児にまで及ぶことがあります。妊娠前から歯周病を予防することが大切ですが、妊娠中も歯科健診受診や治療を検討しましょう。

女性ホルモンの急増で歯肉に炎症が起こりやすいうえ、つわりの影響も

妊娠による女性ホルモンの急増は、口の中にさまざまな影響を及ぼします。女性ホルモンのうち、主にエストロゲンの増加により歯周病を引き起こすプレボテラ・インターメディアという口内細菌(歯周病菌)が増殖しやすくなります。また、プロゲステロンというホルモンは、炎症を引き起こすプロスタグランジンという物質を刺激して歯肉(歯ぐき)に炎症を起こしやすくするのです。

妊娠により唾液の分泌が減少して口内がネバネバしてくると、唾液による口内細菌の働きを抑える浄化作用が低下し、さらに歯肉の細い血管がもろくなることでも炎症や出血が起こる危険性が高まります。

これらを背景に、妊婦の約半数には妊娠性歯肉炎という歯周病がみられるともいわれています。多くは出産後には治まりますが、なかには出産後にも継続して本格的な歯周病に進行するケースもあります。

また、つわりによる影響も見逃せません。妊娠時は通常の食事はとりづらく、「甘いものなら食べられる」などといったこともあり、食生活が乱れるケースが多々あります。そのうえ、歯ブラシを口に入れると吐き気を催すために歯みがきがしづらくなるなど、適切な口腔環境が保ちづらくなります。

歯周病菌や炎症性物質が子宮や胎盤に運ばれ、早産・低体重児出産も

妊娠に伴い歯周病にかかりやすくなるだけでなく、もともと歯周病だった女性が妊娠すると、歯周病が進んで重症化する恐れがあります。さらに妊婦の歯周病は、妊婦自身の歯や歯肉を蝕(むしば)むだけでなく、胎児にまで悪影響を及ぼすことが知られています。

歯周ポケットの中に増えすぎた歯周病菌や、炎症により産出された物質は、歯周ポケット内の血管に入り込んで全身に広がっていきます。これらが子宮や胎盤に運ばれると、子宮の平滑筋収縮や子宮頸部の拡張を引き起こし、胎児の成長を妨げ、早産(37週未満)や低体重児出産(2,500g未満)のリスクが高まります。

歯周病がある妊婦は、歯周病の妊婦に比べ、早産のリスクは2.27倍、低体重児出産のリスクは4.03倍とのデータもあります

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。