文字サイズ

歯周病は、飲み薬では治せない

歯周病は、飲み薬では治せない

歯周病は、歯周病菌と呼ばれる細菌が作るプラーク(歯垢)が原因になります。それならば、細菌を死滅させる抗菌薬(抗生物質)を飲めば治るのでは? こんな疑問を抱いている人は少なくないようです。しかし、残念ながら歯周病を根治できる飲み薬はありません。毎日の適切なブラッシングで歯周病菌を取り除くことと、定期的に歯科医院でチェックとケアを受けることが何よりも重要です。

歯周病菌を飲み薬で減らすことはできても、効果は限定的

抗菌薬には、細菌の増殖を抑えたり死滅させる作用がありますが、抗菌薬であればどの細菌にも効くというわけではありません。ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系など、いくつかの種類があり、標的とする細菌ごとに使い分けられています。

一方で、歯周病菌の全体像はいまだ解明されておらず、膨大な数の種類がある口内細菌のうち、どれが歯周病を引き起こす細菌(歯周病菌)なのか、すべてが判明しているわけではありません。

したがって、抗菌作用がある飲み薬を使ったとしても、歯周病菌を含む口内細菌を減らすことはできても、効果は限定的と考えられているのです。

バイオフィルムや歯石でさえぎられ、飲み薬の成分が歯周病菌に届かない

また、歯周病菌を含む口内細菌の多くは、互いにつながりあってバイオフィルム(歯垢)と呼ばれる、外敵から身を守るためのバリアを形成しています。そのため、飲み薬を使ったとしても、そもそも飲み薬の成分が歯周病菌まで届きにくいとされます。

バイオフィルムは、排水溝や流しの三角コーナーなどに付きやすい「ぬめり」によく例えられます。洗浄剤をかけるだけでは、ぬめりを完全に除去することは難しく、スポンジなどでこすって落とす必要があります。バイオフィルムの除去も、こすって落とす、すなわちブラッシングが有効です。

バイオフィルムにも浸透するとされる抗菌薬もありますが、細菌数を減らすことはできても、効果は一時的とみられています。

歯周病菌などのかたまりであるプラークを長くそのままにしていると、歯石という、文字どおり石のような硬いかたまりになり、ますます飲み薬の成分が届きにくくなります。歯石の除去には歯科衛生士による専門の器具(スケーラー)を使った処置が必要です。

佐瀬 聡良 先生

監修者 佐瀬 聡良 先生 (佐瀬歯科医院 院長) 1984年日本大学松戸歯学部卒業。89年千葉県千葉市に佐瀬歯科医院を開院し、現職。2004年より日本大学松戸歯学部歯周治療学講座非常勤医局員も兼務。「臨床家のための実践ペリオセミナー」「歯科衛生士のための実践ペリオセミナー」講師なども務める。日本歯周病学会専門医、日本臨床歯周病学会認定医・指導医、米国歯周病学会会員。