文字サイズ

子どもの「運動器検診」で障害や機能不全を早期チェック!

子どもの「運動器検診」で障害や機能不全を早期チェック!

オーバーユースによる障害や、運動不足や姿勢不良による機能不全が増加

小・中・高校などに通う子どもがいる家庭では、進級と共に「運動器検診」の保健調査票が配布されたことでしょう。運動器とは、骨や関節、筋肉、さらにはじん帯や腱(けん)、神経など、体を支えたり動かしたりする器官の総称で、運動器検診は、子どもの運動器に関係したけがや障害・故障の早期発見を目指すためのものです。

学校健診での運動器に関するチェックの対象は、従来、背骨(脊柱、せきちゅう)がねじれを伴って横に曲がる側弯症(そくわんしょう)だけでしたが、2016年度からは、腰や四肢の状態もチェックする運動器検診が実施されるようになりました。

その背景には、野球やサッカーなどでひじやひざを傷める、いわば「オーバーユース」による障害や故障の増加や、反対に、携帯ゲームやスマホの普及などにより、運動不足や姿勢不良による運動器の機能不全の増加などがあります。これらの背景には脊柱分離症などの運動器疾患が隠れている場合もあると考えられています。

ただし、オーバーユースによる障害などは痛みを伴いやすく、多くは学校健診以前に受診しているとみられることから、運動器検診ではとくに運動不足などによる運動器の機能不全のチェックに重点がおかれています。

痛みや動きの悪いところはないか、片脚立ち、しゃがみ込みなどを確認

運動器検診は、内科検診などの学校健診の一環として実施されており、学校健診に合わせて、下記のような検診項目が記載された保健調査票が各家庭に送られてきます。保護者は子どもの状態をチェック・記入して学校に提出し、学校側は学校生活で気づいたことなども加えて学校医に報告します。

学校医は保健調査票の記載に基づき、「動きが悪い」などにチェックがあれば重点的に検診を行い、「要整形外科受診」「経過観察」「異常なし」を判定します。「要整形外科受診」の通知を受けた保護者は、子どもを整形外科に受診させ、その結果を学校に連絡することになっています。

●運動器検診での保護者による子どもの「腰や四肢の状態」のチェック項目

  • ①腰を曲げたり反らしたりすると痛みがあるか
  • ②腕や脚を動かすと痛みがあるか(痛む部位を人体図に記入)
  • ③腕や脚の動きに悪いところがあるか(動きが悪い部位を人体図に記入)
  • ④片脚立ちが5秒以上できるか
  • ⑤足の裏を全部床につけて、しゃがみ込みが完全にできるか
 

転倒で手が出ない、床の雑巾がけで体を支えられないなら「子どもロコモ」?

運動器検診で異常が指摘されるような、子どもの運動器の働きが低下している状態は「子どもロコモ(ロコモティブシンドローム)」と呼ばれます。ロコモティブシンドロームは、運動器の障害などで「立つ」「歩く」といった移動機能が低下し、「介護が必要になる危険性が高い状態」とされています。

これに対して、姿勢不良や運動不足、オーバーユースにより、運動器に障害や機能不全がおこり、けがや故障をしやすく「ロコモ予備群になる可能性が高い状態」が子どもロコモです(「運動不足の子どもは将来メタボ・ロコモに!」参照)。運動器検診を利用して、将来のロコモを防ぎましょう。

お子さんの姿勢や動作などに気を配り、学校健診での運動器検診を利用して運動器の障害や機能不全の早期発見・早期治療を心がけましょう。そして、万が一異常を指摘された場合は、早めに必要な治療を受けたり、生活習慣の改善に取り組みましょう。