文字サイズ

「オーソライズド・ジェネリック(AG)」なら新薬との同一性が高い

「オーソライズド・ジェネリック(AG)」なら新薬との同一性が高い

一般的なジェネリック医薬品では添加物や製造方法が新薬と異なる場合も

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、薬の効きめや安全性は新薬(先発医薬品)と同じでありながら、価格は新薬より安い薬です。特に薬を長期間服用している場合や、複数の薬を処方されている場合には、医療費の節約に大いに役立ちます。

ジェネリック医薬品の安価の理由は、新薬の特許が切れた後に、新薬と同じ有効成分を使って作られていること。有効成分などが明らかであるため、新薬と比べ、開発コストを低く抑えられます。

ただ、一般的なジェネリック医薬品の場合、有効成分は同じでも、原薬や添加物、製造方法などは新薬と異なるケースがあります。患者が服用しやすいように、新薬とは形状や味などに工夫を加えた場合などもこれにあてはまります。

そのため、「有効性・安全性は本当に新薬と同じなの?」という疑問や不安を感じる人も少なくなく、国が進めるジェネリック医薬品の普及の “壁”になっているようです。

AGなら製造工場や生産ラインまで、新薬とまったく同じのケースもある

そのように、ジェネリック医薬品に疑問や不安を感じる人におすすめなのが、オーソライズド・ジェネリック(AG)と呼ばれる医薬品です。これは、有効成分だけでなく、原薬や添加物、製造方法なども新薬と同一のジェネリック医薬品で、多くは新薬のメーカー系列で作られ、製造工場や生産ラインも新薬とまったく同じ、というケースまであります。

AGは、ジェネリック医薬品のメーカーが新薬のメーカーから特許使用の許諾(authorize)を受けて製造販売されます。いわば新薬のメーカーの“お墨付き”を得て作られるため、一般的なジェネリック医薬品より、優先的に半年ほど早く販売される場合があります。価格はもちろん、一般的なジェネリック医薬品と同様に、新薬よりも安くなっています。

AGのある薬とない薬がある。まずは薬剤師に相談を

ただし、ジェネリック医薬品の半数以上をAGが占めている薬がある一方で、AGが発売されていない薬もあります。AGを希望する場合は、まず薬剤師によく相談してみましょう。

また、AGがないけれどジェネリック医薬品を検討したいという人は、短期間だけジェネリック医薬品に切り替えて様子をみることができる「お試し調剤」(「ジェネリック医薬品は、短期間、試してみることもできる」参照)などを活用してみるとよいでしょう。