文字サイズ

新しくなった食品表示を“味方”につけて、健康づくりに生かそう

新しくなった食品表示を“味方”につけて、健康づくりに生かそう

4月から、加工食品への栄養成分表示の義務化などが完全実施に

お菓子やパン、カップ麺、缶詰や大豆製品など、素材に手を加えてつくった食品は加工食品と呼ばれます。

加工食品の原材料やアレルギー、栄養成分などの食品表示に関する法律は、従来、食品衛生法、日本農林規格(JAS)法、健康増進法の3つの法律にまたがっていました。これが「食品表示法」という法律に一本化され、2015年4月にスタートしました。ただ、これまでの経過措置期間では、一部の加工食品には同法が適用されていませんでした。

これが今月(2020年4月)から完全実施となり、すべての加工食品で同法に基づく食品表示が義務化されました。食品表示法で新しくなった主な表示の仕方は、加工食品への、①栄養成分表示の義務化、②食塩相当量表示の義務化、③食物アレルギー表示の改善、④原材料と添加物を明確に区分して表示、の4つです。

エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量の5項目を表示

生活習慣病の予防や改善のためには、食事の栄養バランスに気を配ることが重要です。そのための手がかりになるのが食品の栄養成分表示です。食品表示法により、加工食品のパッケージには、エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量の5項目を表示することが義務化されました。加工食品を活用しながら、バランスのよい食生活をめざすには、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」で、それぞれの栄養成分の1日当たりの望まれる摂取量を確認しておきましょう(「『日本人の食事摂取基準2020』を生かし生活習慣病・フレイル予防」参照)。

例えば、女性が「食塩相当量2.0g」と表示された加工食品を食べた場合、1日の食塩摂取目標量は女性6.5g未満(男性7.5g未満)であるため、「1日の目標量の3分の1近くをとった」ことを意識して、その後の食事で減塩を心がける、といった使い方ができます。

なお、食塩相当量は、以前は「ナトリウム量」が表示されていましたが、同法で改定されました。

食物アレルギーの特定原材料7品目の表示が「義務化」に

ヨーグルトなら「乳成分」など、食物アレルギーの原因物質(アレルゲン)を含んでいることが明らかな加工食品は、従来、「乳を含む」といったアレルギー表示を省くことが可能でした。これが食品表示法により、「エビ、カニ、小麦、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ)」の7品目の特定原材料はすべて表示が「義務化」されました。一方、アレルゲンのなかでもごまや大豆など、特定原材料に準ずる21品目は表示「推奨」となっています。

また、原材料表示には原材料のほか、膨張剤や香料といった添加物も表示されています。この表示の仕方にルールを設け、原材料と添加物の間に「/」を入れたり、改行したりして両者を明確に区分し、「どういう添加物が入っているのか」がわかりやすくなりました。

消費者庁のパンフレット「知っておきたい食品の表示」(参考用外部リンク参照)などを参考にし、加工食品を購入・利用する際には、栄養成分表示をチェックする習慣をもちましょう。