文字サイズ

本当? 大丈夫? 医療・健康情報を読み解く力を身につけておこう

本当? 大丈夫? 医療・健康情報を読み解く力を身につけておこう

情報提供の主体がはっきりしていて、客観性があり、偏りが少ない情報源を

新型コロナウイルス感染症の広がりもあって、インターネットやテレビなどで医療・健康情報に触れる機会が多くなっています。これらの情報は簡単に得られて便利な反面、科学的な裏付けが不十分だったり、なかにはかえって健康を害する恐れのある情報が含まれている場合もあります。さまざまなメディアから得られる医療・健康情報を読み解く力を身につけ、「正しい情報」を利用しましょう。

医療・健康情報でまずチェックしたいのは「情報提供の主体は誰なのか」です。誰が発信しているのかがはっきりしない情報は精度が低く、情報利用によって問題が生じた場合に十分な対応が得られないと考えられます。情報提供者の名前・所在地・連絡先等をチェックし、明示されていない場合はもちろん、明示されていてもわかりづらかったり、実在が確認できなければ利用しないほうがよいでしょう。

その点、「公共の医療機関、公的研究機関」が発信する情報は、提供の主体が明らかなのはもちろん、情報の中身についても、複数の専門家が検証・吟味する体制が比較的整っています。このため、客観性があり、偏りが少ない情報である可能性が高くなります。ただし、所属する医師らが個人的に発信している場合や医療の専門家以外が発信している場合もあるため、特定の人の発信だけをうのみにしないようにしましょう。その一方で、民間であっても提供情報の検証・吟味体制が整っていたりすれば、信頼性の高い情報が得られるといえます。

営利目的ではないか、科学的な根拠は確かか、いつの情報なのか

情報の中身については「営利性の有無」「科学的な裏付けの有無」を確認しましょう。一般的な医療・健康情報に見せかけて、実は営利目的で特定の商品やサービスの販売に結びつける手法は珍しくありません。何のための情報提供なのかを意識して見極めることを心がけましょう。

また、専門的な情報に見えても、客観的な裏付けが乏しく科学的とはいえない情報も見受けられます。出典や引用などで、科学的な根拠となる専門分野の論文や具体的なデータが示されているか、個人や団体の一方的な意見や感想になっていないかなどを確認しましょう。動物実験のみで人体に関する結果や知見を欠いていたり、対象が少人数、比較対照データがないまたは不十分、観察期間が短い、といった場合の多くは科学的なデータとはいえません。

科学的な裏付けとなる情報をより確かにするには、「複数の情報源を比較する」ことがおすすめです。同じ研究結果に関する情報でも、立場が違えば違う見方があって当然です。1つの情報源で「正しい」と思った情報でも、複数の情報源を比較することで、注意すべき点もあることがわかり、より慎重に利用できるようになります。特定の情報だけに偏らず、複数の情報を読み比べながら、自分に必要な情報を選び取っていく姿勢が大切です。

また、医療・健康に関する情報は日々、進歩を続けています。以前の「正しい情報」が今も「正しい」とは限りません。インターネットや書籍などの情報は、「いつ時点での情報なのか」「更新されたのはいつなのか」をチェックして、最新の情報を利用しましょう。

「情報利用は自己責任」が原則。万一、トラブルにあったらすぐに相談を

情報収集にのめり込んでいると、さまざまな思い込みなどで正しい判断ができなくなるケースがあります。医療・健康情報やそれを利用した結果を一歩引いたところから見るようにして、上記のチェックポイントをもとに、「情報の中身を検証し、利用結果を冷静に評価する」ような余裕をもつように心がけてみましょう。

なお、「情報利用は自己責任で」が原則となっています。インターネットなどによる情報を利用して、不利益を被ったとしても情報提供者の責任を問うことは難しいのが現状です。

ただし、疑問に思う情報があった場合や、万一、健康被害や、商品購入のトラブルなどにあった場合はそのままにせず、かかりつけ医や保健所、消費者ホットラインなどに相談しましょう。早めの相談が、次なる被害やトラブルの防止につながります。