文字サイズ

冬本番の年末年始、引き続き新型コロナ感染予防対策の徹底を

冬本番の年末年始、引き続き新型コロナ感染予防対策の徹底を

寒さが厳しい冬も、3密を避けて換気することが感染予防対策につながる

寒い冬場は、換気のために窓を開けるのが難しくなったり、水が冷たくなって手洗いの徹底がしづらかったりするなど、新型コロナウイルス感染予防対策が不十分になる恐れがあります。このため、政府は寒い場所での感染防止策のポイントを示しました。

まず、冬でもマスクの着用やいわゆる「3密」を避けることなどの基本的な対策は変わりません。そのうえで、寒い場所での換気の方法について、①換気扇などを使って常時換気すること、②室温が下がらない範囲(目安は18度以上)で常に窓を少しだけ開けておくこと、③使っていない部屋の窓を大きく開けるなどして2段階の換気をすること、等を示しています。

また、換気やエアコン使用などにより湿度が下がりがちですが、感染予防のために湿度は40%以上を目安にすることが大切です。加湿器を使ったり、洗濯物を部屋干ししたりすることや、こまめな拭き掃除をするなどで加湿しましょう。

年末年始のイベントには、感染リスクが高まる5つの場面にご注意を

年末年始を目前に控え、例年ならクリスマスや忘年会、新年会などのイベントが目白押しの季節です。ただ、新型コロナウイルス流行下のこの冬は、予定を決めかねている人も多いでしょう。大勢の人が集まって食事や会話を楽しむイベントでの感染リスクが高いと考えられていることから、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会では、感染リスクを高める「5つの場面」について注意喚起しています。

感染リスクが高まる「5つの場面」

①飲酒を伴う懇親会等
②大人数や長時間におよぶ飲酒
③マスクなしでの会話場面
④狭い空間での共同生活
⑤居場所の切り替わり

イベントに参加する場合は、事前の体調管理と感染予防対策の徹底が肝要

これらの行事やイベントは、感染リスクを避けるには控えたほうがよいですが、行うと決めた場合には、感染予防対策を徹底して臨むことです。

例えば、参加したいイベントがあったら、①その1週間前からほかの会合には参加しない、②検温などの体調確認を毎日行う、③咳、のどの痛み、発熱などの症状があったら参加しない――などの対策を取ることが感染しない・させないことにつながります。少しでも心配と感じたら、参加をやめるという勇気を持つことも必要です。ご家族の体調や地域の流行状況を踏まえて、予定を中止するなど、柔軟に対応できるようにしましょう。そのほか、集まる人数を減らす、時間を短縮する、食器を共有しない、会話の時にはマスクを着用するなど、工夫をしながら楽しい時間を過ごしましょう。