文字サイズ

夜間や休日の受診は割増料金がかかり、医療費は高額に

夜間や休日の受診は割増料金がかかり、医療費は高額に

休日・夜間・深夜の時間外受診は割高に

緊急を要するほどの症状ではないのに、「平日は忙しいから」「夜は空いていて待ち時間が少ないから」といった理由で、休日や夜間などに医療機関を受診していませんか? 診療時間外に受診すると、通常料金とは別に割増料金が加算されます。

例えば初診の場合、休診日となっている日曜・祝日に受診すると、初診料に2,500円の「休日加算」、夜間・早朝(22時~6時)に受診すると4,800円の「深夜加算」がプラスされます。また、薬局で薬を調剤してもらう場合も、営業時間外では割増料金がかかります。

さらに、夜間・早朝・休日も診療している診療所(ベッド数19床以下のクリニックや医院)や営業している薬局では、たとえ診療・営業時間内であっても、割増料金が加算されることがあります。自分の都合で安易に夜間や休日に受診をすると、医療費のムダ遣いとなり、家計の負担にもつながります。

時間外受診と加算額

  時間外加算
おおむね8時前と18時以降
土曜は8時前と正午以降
休日加算
日曜・祝日・年末年始の休診日
深夜加算
22時~6時
夜間・早朝等加算(診療所のみ)
18時~8時
土曜は正午~8時
夜間・休日等加算
19時~8時
土曜は13時~8時
初診料
2,880円
850円
(2,300円*)
2,500円 4,800円 500円
※診療時間内であっても加算されます
 
再診料
730円
650円
(1,800円*)
   
保険薬局 調剤技術料と同額を加算 調剤技術料の1.4倍を加算 調剤技術料の2倍額を加算   400円
※営業時間内であっても加算されます

*( )内は救急病院などの場合の金額です。
※上記の金額には健康保険が適用されます。

夜間や休日の急病で受診を迷ったときは、救急医療電話相談を

本来、休日や夜間は、緊急性の高い患者に対応する時間帯です。軽症の患者が安易に受診することで、医療スタッフの負担が過重になったり、救急車の受け入れ困難事例が生じるなど、一刻を争う患者さんの治療に支障をきたす恐れがあります。やむを得ない場合を除いて、安易な診療時間外の受診はやめましょう。

また、夜間や休日の急病時に対処の方法がわからなかったり、119番で救急車を呼ぶべきか判断に迷ったときは、次のような救急の電話相談を利用してみましょう。

緊急性の低い場合は、平日の診療時間内に受診することが、医療費の節約やひいては日本の医療体制を守ることにもつながります。

●救急安心センター事業(#7119)
急なけがや病気で病院を受診すべきか、救急車を呼ぶべきか悩んだ場合に「#7119」をプッシュすると、お住まいの地域の救急安心センターにつながり、医師・看護師等が対応してくれます(対応していない地域もあります)。

●こども医療電話相談事業(#8000)
全国どこからでも「#8000」をプッシュすると、お住まいの都道府県の相談窓口につながり、小児科医師・看護師が対応してくれます。