文字サイズ

座っている時間が長いほど、死亡リスクが上昇することが判明

座っている時間が長いほど、死亡リスクが上昇することが判明

余暇時間を含む日中の座位時間と死亡との関係を調査

コロナ禍でテレワークが普及し、自宅で1日中座りっぱなしで仕事をしているという人も多くいるのではないでしょうか。しかし、日中の座位時間が2時間増えるごとに死亡リスクが15%増加するという研究結果が、先ごろ明らかになりました。

この研究は、京都府立医科大学などの研究グループが発表したもので、6万人を超える日本人を平均で7.7年間追跡したデータを用いて、日中の座っている時間(座位時間)と死亡リスクの関係を分析したものです。

これまでの日本国内での大規模調査としては、「仕事中の座位時間と死亡との関係」「テレビ視聴時間と循環器疾患(高血圧や心筋梗塞など)死亡との関係」が報告されていました。そこで、今回は初めて仕事中および余暇時間を含むすべての日中の座位時間と死亡との関係を、生活習慣病の有無、余暇時間の運動量に分けて分析しました。

生活習慣病がある人は、さらに死亡リスクが高くなる傾向が

分析の結果、生活習慣病があると死亡リスクはさらに上昇し、脂質異常症では18%、高血圧では20%、糖尿病では27%の死亡リスク増加が認められました。

さらに、生活習慣病(脂質異常症、高血圧、糖尿病)の保有数が多くなるにしたがって、座位時間と死亡の関係は大きくなりました。生活習慣病がない人では、日中の座位時間が2時間増えるごとに死亡リスクは13%の増加だったのに対し、生活習慣病を3つすべて保有している人では42%も死亡リスクが高くなることが示されました。

また、余暇時間中の身体活動を増やしても、日中の座位時間による死亡リスクを減らす効果はわずかしかないことがわかりました。

テレワークで座位時間が増えた人も、立ち上がって運動を

コロナ禍のテレワーク普及により、今後も在宅業務による家庭内デスクワークの増加が予想されます。在宅業務は、通勤時間が削減されるため、身体活動の低下に加え、座位時間の延長につながる可能性があります。座位時間が長いと、血行不良と筋肉を動かさないことにより代謝が悪くなり、肥満につながったり、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病になりやすくなります。

テレワークなどで座りっぱなしになりがちな人は、スマートフォンなどで一定時間(例えば1時間)ごとに知らせてくれるアラーム機能を使って、こまめに体を動かす工夫をしましょう。階段を上り下りしたり、片脚立ちやスクワット、軽い体操などがおすすめです。スポーツ庁などでも、外出自粛やテレワークで座位時間が増えた人などに向けて、身体活動不足や座りすぎへの対策を紹介しています(参考用外部リンク参照)。