文字サイズ

その不調、冬バテが原因かも。体の中と外の両面から温めよう

その不調、冬バテが原因かも。体の中と外の両面から温めよう

日中の寒暖差やストレスなど、自律神経の乱れから冬バテに

暦の上では春を迎えているものの、まだまだ冷え込む日も多く、朝晩の日中の寒暖差の多いこの時期。朝、起きられなかったり、寝ても疲れが取れないなどの体の不調を感じることはありませんか? その症状は「冬バテ」が原因かもしれません。寒さや寒暖差、冬季の気候などの影響で起こる体調不良について、夏バテに対して「冬バテ」といわれるようになり注目されています。

現代人は低体温の人が多く冷えやすいうえ、厳しい寒さでさらに冷えてしまうことが冬バテの大きな原因です。さらに、日照時間の短さや長引くコロナ禍のストレスなどの要因が重なることで、自律神経が乱れてしまい心身の不調を招きやすくなります。

対策として最も大切なことは、体を冷やさないこと。冷えは冬バテのみならず、さまざまな不調を招く健康の大敵です。まずは体を温める生活を心がけましょう。

腹巻やお風呂で体の外側から温めよう

寒さや寒暖差と上手に付き合っていくためには、体の内側と外側、両面から温めることが大切です。

体を外から温める方法として、簡単で効果的なものに腹巻があります。腹部にはたくさんの臓器があるため血流が多く、そこを温めることで血のめぐりがよくなり、体温アップにもつながります。睡眠の改善や、婦人科系の症状の緩和にも効果的なので、年中おすすめのアイテムです。昼間は着ぶくれして見えない薄手のものを、寝るときは体を締めつけないゆったりした厚手のものを選びましょう。

また、湯船につかることも重要です。時間がないからとシャワーで済ませがちですが、冷え解消のためには湯船にしっかりつかりましょう。じんわりと汗をかくぐらいまでつかるのがベストですが、まずは毎日湯船につかる習慣を。体の芯まで温まることで、疲れの取れ具合、肩こりやむくみの解消、睡眠の質などが変わってくることを実感できるでしょう。寝る前に38度くらいのぬるめのお湯につかるとリラックス効果が高まります。

筋力アップと根菜類で、体の内側からもぽかぽかに

体を内側から温めるには、筋力づくりも欠かせません。体温の約4割は筋肉がつくりだしているため、筋肉量が増えると自分の体でつくられる熱も増え、体温が上がります。腹巻やお風呂は体の外側から温める方法として有効ですが、内側から発熱できる体づくりも大切です。特に、近年はコロナ禍の影響で運動習慣が減った人も多いので、体を動かすことを意識しましょう。運動はハードルが高いと思われがちですが、家の近所を散歩する、室内での簡単なヨガやストレッチでも効果があるので、できることからチャレンジしてみましょう。

さらに、体を内側から温めるには、根菜類を使った鍋物や豚汁などを食べるのもおすすめです。根菜類の中でも、特に血行促進効果の高いしょうがをすりおろして普段の料理に加えてみるのもよいでしょう。

冬バテの気になる不調がある人は、これらの方法をぜひ試してみましょう。